名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

ルイ・アームストロング 名言/格言

ルイ・アームストロング

 

ルイ・アームストロングとは(画像

アメリカミュージシャン。生誕1901年。1901年、アメリカはニューオーリンズに生を受けたルイ・アームストロングは、20世紀を代表する偉大なジャズマンです。「サッチモ」という愛称でも有名で、トランペット奏者や歌手としてたぐいまれな才能を持つのみならず、天性のエンターテイナー性を発揮して映画にも数多く出演しています。「ハロー・ドーリー!」や「この素晴らしき世界」など、音楽に疎い人でも一聴しただけでそれとわかる彼の個性が発揮された楽曲を多く残しています。後者は、B.B.キング、ロッド・スチュワート、セリーヌ・ディオンら数多くのミュージシャンにカバーされています。

 

彼の生きた時代、黒人は公然と差別を受けていました。「途中で諦めちゃいけない。途中で諦めてしまったら得るものより失うもののほうがずっと多くなってしまう」という彼の言葉からは、差別や貧困など厳しい現実に立ち向かいながら、音楽を追求し続けた彼の姿勢が垣間見られます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

ルイ・アームストロングの言葉


 

『目的地に向かう途中であきらめるな。誰も拾ってくれはしないぞ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

ヤコブセンは言う。『人は誰しも、一人で生き、一人で死ぬものである。』田山花袋は言う。『人間元来一人で生まれて一人で死んでいくのである。大勢の中に混じっていたからって孤独になるのは、わかりきったことだ。』

>>続きを見る

 

『もしもイエス・キリストが黒い肌で行進をなされば、やはり彼らは殴打するのだろうな。』

 

カテゴリー:知性/知恵

人種差別を受けたことがない人間に、人種差別の問題について語る資格はあまりない。ないが、だが、想像することは出来る。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP