名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

レオナルド・ダヴィンチ 名言/格言

レオナルド・ダヴィンチ

 

レオナルド・ダヴィンチとは(画像

イタリア芸術家。生誕1452年通称『天才芸術家』。

 

レオナルド・ダヴィンチ関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

レオナルド・ダヴィンチの言葉


 

『幸運の女神には、前髪しかない。』

 

カテゴリー:成功/幸福

世界で初めて文字をブラウン管に映し出すことに成功させたテレビの父、高柳健次郎も、同じことを言ったという。彼の弟子たちが起業した浜松ホトニクスは、光ビジネスでのシェアは、ほとんど100%だと言われている。

>>続きを見る

 

『あたかも良く過ごした一日が、安らかな眠りをもたらすように、良く生きられた一生は、安らかな死をもたらす。』

 

カテゴリー:人生/生死

ドイツの小説家、ゲレルトは言う。『ほがらかに死んでいくために、私は生きようと思う。』ダヴィンチの言うことと同じだ。『安らかな死=ほがらかな死』である。

>>続きを見る

 

『このところずっと、私は生き方を学んでいるつもりだったが、最初からずっと、死に方を学んでいたのだ。』

 

カテゴリー:人生/生死

我々はこの人生に生まれた意味を模索し、今日も明日もこの人生を生きている。ある種、『後付け』にも似た『使命』とやらによって奮起させ、自らを奮い立たせ、この儚い人生を少しでも尊いものにしようと画策する。

>>続きを見る

 

『心の窓を通して、魂は世界の美しさをじっと見つめる…自然の小さな景色のなかに宇宙のイメージが含まれていると、一体誰が信じられよう?』

 

カテゴリー:自己/精神

『宇宙のイメージ』というワードを聞くと、どうしても妙なイメージが先行してしまう人がいるが、しかしそれは、今から300年後の人たちもそうだろうか。今でさえ、月面着陸にすでに成功し、火星の探索もどんどん進んでいて、移住計画すら出ているのだ。

>>続きを見る

 

『食欲がないのに食べるのが健康に悪いように、欲望を伴わぬ勉強は記憶を損ない、記憶したことを保存しない。』

 

カテゴリー:自己/精神

孔子は、『”他”の為の知識習得は、的を外している』 (超訳) と言っていて、『学ぶこと』の本来の意味を、根底から考え直すべく、教えを説いている。

>>続きを見る

 

『同じ眼でながめた対象が、あるときは大きく、あるときは小さく見える。』

 

カテゴリー:自己/精神

錯覚を利用した絵や部屋などがあるだろう。遠近法等を利用して、まるで人間のサイズを変えてしまう様に見せる、あれである。『カニッツァの三角形』とは、

>>続きを見る

 

『単純であることは、究極の洗練である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『複雑な話を複雑怪奇にしていた方が、自分に対して称賛の目を向けてもらえて、優越感に浸れるし、人を見下せるし、努力した甲斐があるし、人より優位に立てる』等と思っているような人間は、賢い人間ではない。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP