名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

神谷正太郎 名言/格言

神谷正太郎

 

神谷正太郎とは(画像

日本ビジネスパーソン通称『販売の神様』。生誕1898年

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

神谷正太郎の言葉

 

『日本に帰ってどのような人生を切り開いていけるのか。まったく目途は無かったが、独り者の身軽さも手伝って『何とかなるさ』と楽観しながら、久しぶりの船旅を楽しんだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

『根暗』ではダメだ。『根明(ネアカ)』でなければならない。つまり性根、根本の部分で、(別に死ぬわけじゃないし)あるいは、(どうせ死ぬし、何もしないで死ぬよりは、何かしてから死ぬ方がマシだ)というネアカ的な精神が人間に必要な条件だ。

>>続きを見る

 

『自動車販売とは何か、今後どうなるのか、ということを見きわめながら、先手先手と動いたことが成功につながった。』

 

カテゴリー:知性/知恵

何としても今日、売り上げを上げたいとか、上げて自分の給料を上げたいとか、そういう目先のことを考えていると、群を抜くほどの存在になることはできない。

>>続きを見る

 

『経営者には六段階の時期がある。』

 

カテゴリー:仕事/経営

確かに最初は皆、一攫千金を夢見て社長になるわけだ。だがそのままではダメだということを悟る。

>>続きを見る

 

『需要の拡大は潜在需要の開拓にあるが、その潜在需要層が存在しなければいかんともしがたい。つまり、需要開発の出発点は潜在需要層の育成にあるのだ。』

 

カテゴリー:仕事/経営

例えばアップル社の『iPadや、iPhone』だ。あれを打ち出す前に、『iPod』を普及させたわけだ。

>>続きを見る

 

『どの種の困難であれ、これを乗り越えていく最大の武器が『誠意』である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

誠意。つまり、その困難に決して屈さず、必ず乗り越えて見せる、という強い意志を燃やし、脇目もふらず、その道をひたすらに歩き続ける。そういう人間だけが突破できる壁というものがあるのだ。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

↑ページの上部へ


広告

↑ PAGE TOP