名言を自分のものにする

広告

 

>  >  >

 

樋口一葉  名言/格言

樋口一葉

 

樋口一葉 とは(画像

日本作家。生誕1872年

 

樋口一葉関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

樋口一葉 の言葉


 

『丸うならねば思う事は遂げられまじ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『頑固』と『頑迷』は違う。頑固とした覚悟と意志はあっていいが、頑迷的な固執や執着は、身を亡ぼす要因となる。

>>続きを見る

 

『利欲にはしれる浮き世の人あさましく、厭わしく、これゆえにかく狂えるかと見れば、金銀はほとんど塵芥の様にぞ覚えし。』

 

カテゴリー:お金/資産

自分の私利私欲に心を奪われ、利他の精神を忘れた世界が広がる光景は、何と無残で見苦しいものか。私もその要素の一人として生きた時代があり、つまりそれは、人一倍そういう人をこの目で見て来たということなわけで、説得力が違う。

>>続きを見る

 

『分けのぼる道はよしかはるとも、終には我も人もひとしかるべし。』

 

カテゴリー:人生/生死

我々は個々各人に与えられた環境の差異がある。そんな中、しかしこの世を生き貫くのだ。自分の命が終わるその瞬間まで。それがこの人生であり、それは二度あるものではない。

>>続きを見る

 

『色に迷う人は迷えばいい。情に狂う人は狂えばいい。この世で一歩でも天に近づけば、自然と天が機会を与えてくれるだろう。』

 

カテゴリー:人生/生死

色に迷うというのは、『色恋に浸る』ということだろうか。情に狂うというのは、『感情が狂う』ということだろうか。『天に近づく』というのは、『死に近づく』ということだろうか。それとも、『真理=神=愛』のことだろうか。

>>続きを見る

 

『恋とは尊くあさましく無残なもの也。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

儚さと尊さ。その両面を備えた恋というものは、確かにあさましく、あっけないものかもしれない。だが、それでも人は、恋をすることをやめられない。特に女性はそうだ。それは一体なぜなのだろうか。

>>続きを見る

 

『せつなる恋の心は尊きこと神のごとし。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

恋心が尊いのは、『人生が儚い』からだ。ドイツの小説家、トーマス・マンは言った。『命というものは、儚いからこそ、尊く、厳かに美しいのだ。』

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP