名言を自分のものにする

広告

 

> > >  >

 

アインシュタイン 名言/格言(4ページ目)

 

 

『道徳は最も重要なことです。神にとってではなく、私たちにとって。』

 

カテゴリー:知性/知恵

ニーチェは言った。『論理は完全な虚構の見本である。現実の中には論理などは存在せず、現実はまったく別の複雑極まりないものである。

>>続きを見る

 

『自分の目でものを見て、自分の心で感じる人間がいかに少ないことか。』

 

カテゴリー:知性/知恵

往々にして人は、既成概念や固定観念に囚われ、あるいは、家族、友人、恋人、知人、有名な人、有名な本、 これらの『既存の意見』をそこに付随するハロー効果によって、『信じ込み』、あるいは『歪められ』、そしてそれらの『他の要素』を、そっくりそのまま自分に蓄積させてしまう。

>>続きを見る

 

『知識は二つの形で存在する。ひとつは、本の中に、生命のない形で。もうひとつは、人の意識の中に、生きている形で。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『知識は二つの形で存在する。ひとつは、本の中に、生命のない形で。もうひとつは、人の意識の中に、生きている形で。

>>続きを見る

 

『結果というものにたどり着けるのは、偏執狂だけである。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『偏執狂(へんしゅうきょう)』とは、パラノイアとも言われ、一つの事に異常に執着し、病的な態度を示す人である。

>>続きを見る

 

『私はいま孤独の中に生きています。若者には苦痛ですが、成熟した人間にとっては、甘美な孤独の中に。』

 

カテゴリー:自己/精神

例えば、『会衆、モッブ、パニック』という集団心理について考えてみる。『会衆』とは、受動的な関心で集まった人達の事。

>>続きを見る

 

『偉大な人々は、常に凡庸な人々からの激しい抵抗にあってきました。』

 

カテゴリー:自己/精神

何しろ、人間の『四聖』に数えられる、孔子、ソクラテス、ブッダ、キリスト、彼らは皆誤解されていたり、抑圧を受けていた。

>>続きを見る

 

『私にはよいアイディアが浮かびますが、他の人もそうです。ただ、私の場合、幸運だったのは、そのアイディアが受け入れられたということです。』

 

カテゴリー:自己/精神

例えば、『世界の人々が皆、争わなければ一番幸せじゃん』とか、『お金なんていらないよ。お金があるから争いや格差が生まれるんだ。皆が協力すればお金はいらないでしょ。』

>>続きを見る

 

『人は、海の様なものである。あるときは穏やかで友好的、あるときはしけて、悪意に満ちている。』

 

カテゴリー:自己/精神

『人は、海の様なものである。あるときは穏やかで友好的、あるときはしけて、悪意に満ちている。ここで知っておかなければならないのは、人間もほとんどが水で構成されているということです。』

>>続きを見る

 

『残念ながら、ご要望にはお応えできません。私はまだ、分析されないままの暗闇の中にいることを望むからです。』

 

カテゴリー:自己/精神

『精神分析を受けて欲しい』と言われたアインシュタインは、そう言ったのである。さて、あえて『曖昧のままでいる』という精神状態は、恋する乙女以外なら、どういう心境と言えるだろうか。

>>続きを見る

 

『異性に心を奪われることは、大きな喜びであり、必要不可欠なことです。しかし、それが人生の中心事になってはいけません。』

 

カテゴリー:自己/精神

『異性に心を奪われることは、大きな喜びであり、必要不可欠なことです。しかし、それが人生の中心事になってはいけません。もしそうなったら、人は、道を見失ってしまう事でしょう。』

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP