名言を自分のものにする

広告

 

> > >  >

 

アインシュタイン 名言/格言(2ページ目)

 

 

『すべての人は、目に見えない笛吹きの曲に合わせて踊っている。』

 

カテゴリー:自己/精神

これが例えば、常識、ルール、法律、マナー、道徳、宗教、規則、情勢、こういう『メロディ』だとすれば、その通りだ。

>>続きを見る

 

『何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。』

 

カテゴリー:教育/愛情

OJTとは、『On the Job Training』の略であり、何のことは無い。『仕事をしながら覚える』ということである。

>>続きを見る

 

『学ぶこと、そして一般的に、真実と美とを追求することは、我々が一生こどもでいることを許されている活動範囲である。』

 

カテゴリー:教育/愛情

真実も、美も、永久に完成しないし、最高到達地点へは行けない。学ぶことも同じだ。全知全能にはなれない。

>>続きを見る

 

『想像力は、知識より大切だ。知識には限界がある。想像力は、世界を包み込む。』

 

カテゴリー:知性/知恵

知識には限界があるが、想像力には限界が無い。というが、『知識』は普通、『想像力』があれば、無限に創出出来るような気がする。

>>続きを見る

 

『専門的な知識を習得することではなく、自分の頭で考えたり判断したりする一般的な能力を発達させることが、いつでも第一に優先されるべきです。』

 

カテゴリー:知性/知恵

フランスの哲学者、パスカルは言う。『すべての人間の不幸は、部屋に一人で静かに座っていられないことに由来している。』ゲーテもこう言い、『若い友人たちにいくらすすめても足りないと思うのは、自己省察を学ぶことです。』

>>続きを見る

 

『創造的な表現をすることと知識を得ることに喜びを感じさせることが、教師にとって最高の技術です。』

 

カテゴリー:知性/知恵

アインシュタインはこうも言う。『教えるということは、こちらが差し出したものがつらい義務ではなく、貴重な贈り物だと感じられるようなことであるべきです。』

>>続きを見る

 

『寛容であるということは、他者の行動や気持ちに無関心でいるということではありません。』

 

カテゴリー:教育/愛情

『寛容であるということは、他者の行動や気持ちに無関心でいるということではありません。そこには理解と共感がなければなりません。最も大切なのは、個人に対する、社会や国家の寛容さです。』

>>続きを見る

 

『人間の邪悪な心を変えるより、プルトニウムの性質を変える方がやさしい。』

 

カテゴリー:知性/知恵

プルトニウムというのはとにかく、危険な元素である。核爆弾等に使用されていると考えれば早い。

>>続きを見る

 

『核連鎖反応の発見が人類の滅亡につながるわけではない。それはマッチの発明が人類の滅亡につながらないのと同じだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

ここに書いた記事を見てどう思うかだ。飛ぶことを夢見た少年が作った空飛ぶ機械は、あるいはマッチは、もちろん、悪いことに使うつもりはなかっただろう。

>>続きを見る

 

『賞賛による堕落から逃れる方法はただひとつ。仕事を続けることである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『賞賛による堕落から逃れる方法はただひとつ。仕事を続けることである。人は、立ち止まって称讃に耳を傾けがちであるが、唯一なすべきは、賞賛から目を逸らし、仕事を続けること。それ以外の方法はない。』

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP