名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

モハメド・アリ 名言/格言

モハメド・アリ

 

モハメド・アリとは(画像

アメリカプロボクサー。生誕1942年。モハメド・アリ(1942年~)は、ボクシングの元世界ヘビー級チャンピオンで、知名度の高さにおいても歴史上もっとも有名なボクサーと言ってよいでしょう。ローマオリンピックで金メダルを獲得し、華麗なステップを駆使したフットワークはヘビー級のイメージを覆すものでした。

 

彼がボクシングファン以外にも知られるようになったのは、奔放な言動によるライセンス剥奪や試合禁止といった「お騒がせ」な面があったからでもあります。それでいながら3度にわたってチャンピオンを奪回するなど、ボクサーとしても非常に劇的なエピソードを持ち合わせていることから絶大な人気を得ました。日本ではアントニオ猪木との対決が有名です。

 

なお、この名称はイスラム教徒への改宗後に名乗ったもので、元はカシアス・マーセラス・クレイ・ジュニアと言いました。現在は難病として有名なパーキンソン病との闘病の日々を送っています。

 

モハメド・アリ関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

モハメド・アリの言葉


 

『オレがベトコンを殺しに行く理由は何もない』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『蝶のように舞い、蜂のように刺す』それが、モハメド・アリの代名詞だ。傲慢なパフォーマンスを見せるが、それを有言実行させる実力を持ち、ヘビー級のタイトルを見事獲得。名実ともに国民的スーパーヒーローの階段を駆け上がった。

>>続きを見る

 

『50歳の時点で、20歳のときと同じように世界を見ている人間は、人生の30年を無駄にしたということだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

これはもちろん、『少年少女の気持ちをいつまでも忘れない人』という方向ではない。当時に読んでいた漫画が、その時もまだ連載しているなら、それを読むことは間違いではない。

>>続きを見る

 

『チャンピオンは、最後の一瞬のためのスタミナを備えていなければならず、他者よりほんの少し俊敏さに勝っていなければならず、技と意志力を備えていなければならない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

最後の一瞬、ほんの少しの差、意志が技をも上回る、それが勝負を決めるということを考えた時、ふと思い出すのは『13人の刺客』のこの言葉である。

>>続きを見る

 

『チャンピオンというものはジムの中で作られるものではない。チャンピオンというものは、彼らの奥深くにある何か、強い願望、夢、理想像から作られるのだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

孫文は言った。『信念ができると、力が生まれる。』長嶋茂雄は言った。『想念は現実化するんですよ。』空海も、

>>続きを見る

 

『何のリスクも取れない人間は、人生で何一つ成し遂げることはできない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

人生には『代償の法則』というものがある。何かを得る為には、何かを失う必要があるのである。難しくもなんともない話だ。ガムを手に入れるためにコンビニで100円払うのである。この図式だ。

>>続きを見る

 

『いかなる理由があろうとも、殺人に加担することはできない。アラーの教えに背くわけにはいかない。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

孫文は言った。『信念ができると、力が生まれる。』長嶋茂雄は言った。『想念は現実化するんですよ。』空海も、

>>続きを見る

 

『あなたが私に対してなって欲しいという者に、私はなる義務がない。』

 

カテゴリー:自己/精神

なぜ、たった一度の人生において、自分の命の手綱を握るような存在が、自分以外に存在するのか、到底理解できないし、する必要もない。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP