名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

松下幸之助『難しいことはできても、平凡なことはできないというのは、本当の仕事をする姿ではない。』

松下幸之助


日本実業家 松下幸之助画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


あの日本航空(JAL)が大企業病たる傲慢不遜に陥ったのも、松下幸之助のこの言葉が指し示す心構えを軽視する姿勢があったからだ。例えるなら刑事が、『事件に大きいも小さいも無い』と言うのと同じで、仕事とて大きい、小さいはないのである

 

 

お金もそうだ。1円だからと言って捨てていいわけではない。

 

松下幸之助から『経営の神』の名を受け継いだに等しい稲盛和夫は、この日本航空の再建を買って出たわけだが、彼は、自分が正しいと思った寄付は20億円という規模のお金を動かすが、10円で変える焼き栗を、20円で買う様なことはしない。

 

いくらお金があるからといって、それをしてしまったら、人として傲慢不遜に陥ることを知っているのだ。

 

権力、財力、知力、腕力、

 

とかく人は『力』をつけると、自分を過信し、道を見誤る。

 

 

初心忘るべからず。

 

難しいことが出来たという事は、それだけ辛酸をなめ、努力した時期があったということだ。その努力を無駄にしない為にも、勉強し、上を目指すことを決した、あの日の初心を忘れてはならない。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

松下幸之助『難しいことはできても、平凡なことはできないというのは、本当の仕事をする姿ではない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

松下幸之助関連の書籍

 

同じ人物の名言


『当たり前のことを適時適切に実行するというところにこそ、商売なり経営の秘訣があるといえるのではないでしょうか。』

 

『上手くいっているご夫婦は、巧まず自然のうちにお互いが褒めあっている。』

 

『一度とらわれず、人を見て法を説いているかどうか、静かに考えてみることも大切だと思います。』

 

『僕は会社というもの、あるいは社会というものは、人間なり人生について教わる学校だと考えてみたらどうかと思うのです。』

 

『どんなに完備した組織を作り、新しい手法を導入しても、それを活かす人を得なければ成果も上がらず、企業の使命も果たせない。』

 

『戦国時代の武将や、明治の志士たちは皆、10代で見事な働きをしているではないか。』

 

『松下電器は人を作る会社です。あわせて電気製品を作っています。』

 

『世にいう失敗の多くは、成功するまでに諦めてしまうところに原因があるように思われる。最後の最後まで諦めてはいけない。』

 

『自省の強い人は自分というものをよく知っている。つまり、自分で自分をよく見つめているのである。』

 

『一切のものには寿命があると知ったうえで、寿命に達するその瞬間までは、お互いがそこに全精神を打ち込んでゆく。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP