名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ラッセル『世界の災いの一つは、何か特定のことを独断的に信ずる習慣である。理性的な人間なら、自分が絶対に正しいなどとむやみに信じたりはしないだろう。私たちは常に、自分の意見にある程度の疑いをまじえなければいけない。』

ラッセル


イギリス哲学者 ラッセル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


私が『四聖の言葉』の冒頭に書いている挨拶文で、このラッセルの言葉と同じ的を射ている文面がある。

 

『自分の意見こそ正しい』。

 

そう考えてしまう延長線上にあるのが、不和、軋轢、確執、衝突、暴動、対立、そして、戦争である。だとしたら我々が信じる『特定のなにか』とは、『争いの根源』でなのではないだろうか。私が幼少の頃に抱いたのは、そういう疑問である。

 

もちろんそれを信じる者は、それに救われた者だろう。それが無ければ病んで、悔やんで、死んでいた。だとしたら救世主だ。神だ。それを信頼して何が悪い。それを信仰して何が悪い。皆にそれぞれ、そういう起因と、物語があるのだ。

 

『だが』、である。

 

だからといって戦争をして無慈悲な殺人が行われていい理由にはならない。

 

世界がわかる宗教社会学入門』にはこうある。

 

-------------▼

 

宗教には、テロリズムのイメージがある。宗教とテロは関係性が強いのかこれはもちろん誤解で、実際はテロリストが宗教を口実にしているだけ

 

-------------▲

 

あるとき、『キリスト教に失望した人間が仏教徒になった』と告げられたダライ・ラマ14世は、その男に『ギリシャ正教とキリストと聖母マリアのイコン』を見せて、こう言った。

『ブッダは私の道で、イエスはあなたの道です。』

 

こういう人間が、世の中にはいるのだ。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

ラッセル『世界の災いの一つは、何か特定のことを独断的に信ずる習慣である。理性的な人間なら、自分が絶対に正しいなどとむやみに信じたりはしないだろう。私たちは常に、自分の意見にある程度の疑いをまじえなければいけない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

ラッセル関連の書籍

 

同じ人物の名言


『諸君が自分自身に対して関心を持つのと同じように、他人が自分に関心を持っているとは期待するな。』

 

『愛情を受け取る人間は、一般的に言えば愛情を付与する人である。』

 

『私は両親の愛にまさる、偉大な愛を知らない。』

 

『自分の意見と違う意見に腹を立てず、そういう意見が出た理由を理解しようとする術を学ぶことが大事である。』

 

『常識外れの思想を持つことを恐れてはいけない。今日の常識のほとんどは、元々常識外れの思想から生まれているのだから』

 

『政府がちょっと手を貸せば、どんなに馬鹿げた事でも大多数の国民が信じるようになる。』

 

『何かをやれるという最良の証拠は、他人がすでにそれをやり遂げたという事実である。』

 

『愛国心とは喜んで人を殺し、つまらぬことのために死ぬことだ。』

 

『実際、人類の大半が愚かであるということを考えれば、広く受け入れられている意見は、馬鹿げている可能性のほうが高い。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP