名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

『希望は貧者のパンである。そして、絶望は貧者のカビである。』

 

目次


  • 意味
  • 関連する黄金律
  • 関連する偉人の言葉
  •  

     

    意味


    希望があれば、貧しい者でも明日を夢見て今日を生き繋ぐことが出来る。『生き繋ぐ』ということでいえば、それはまるで『パン』だ。食料だ。食料があれば人が命を生き繋いでいけるように、希望もまた同じように、人に今日を生きる力を与えてくれるのである。

     

    パン

     

    だが、食糧と同じようにこの世には『カビ』も存在している。人間が身の回りで発生させるカビというのは普通、『何らかの怠惰の末に発生した菌』である可能性が高い。例えば、パンを置きっぱなしにして腐らせた。米や野菜を適切に保存せず、あるいはジャムや牛乳を賞味期限が切れるまで放置し、腐敗させてしまったのだ。

     

    絶望は貧者のカビ。つまり、ここで言う『貧者』は、何も金銭的に貧しい者というわけではない。『心が貧しい』のだ。だから、 『足るを知れば富む』はずなのに、必要以上に食料を買いあさり、元々あった食料を腐らせてしまった。またあるいは、食料の有難さを理解していないがために、その品質管理を怠り、ぞんざいに扱ってしまった。

     

    農家で働く人がどのようにして米を収穫し、動物の肉がどのようにしてマーケットに並ぶかということを本当にその目で見て、事実を熟知している人間なら、どうしてそのような『カビ』を発生させることに繋げられるだろうか。

     

    絶望。それは、自分が勝手に絶望だと思っているだけだ。悲劇のヒーロー、ヒロインを気取る暇があるほど、ぜいたくな暮らしをしているだけだ。

     

     

     

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』

     

     

     

    4.『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。

    自分の思考とそこでする確信の実力を侮るな。思考は現実化する。


    >>続きを見る

     

    5.『偶然に期待する人間は、支配される。

    偶然などない。その主体性を持つ人間が支配する。


    >>続きを見る

     

    7.『やるべきことがない人間だけが、悩み、憎むのだ。

    悩み、憎しみに心を支配されるというのなら、そこにいるのは『暇人』だ。


    >>続きを見る

     

    8.『足るを知るは富む。足るを知らぬは貧しい。

    この世に闇があると思うなら、それは自分の目(心)に原因がある。


    >>続きを見る

     

    17.『それは『行き止まり』ではない。ただの『曲がり角』だ。

    『目の前に壁が立ち塞がった』って、そりゃあそうだろう。『迷路』をやっているのだから。


    >>続きを見る

     

    18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

    外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する偉人の言葉

    過去記事

    この言葉は以下の記事を通して浮かび上がったものです。

     

     

     

    ジョージ・ハーバート『希望は貧者のパンである。』

     

     

     

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    広告

     

    ↑ PAGE TOP