名言を自分のものにする

広告

 

> > > ティモテオヘの第一の手紙

 

カテゴリー『ティモテオヘの第一の手紙』

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

 

 

『水ばかりの人生も味気ないだろう。たまには酒も飲むのがいい』

 

 第5章

聖書では常に『葡萄酒』が酒の代名詞として出てくるが、別にここは酒でいい。当時、白ワインしか酒がないのであれば、聖書には『白ワイン』と書いてあっただけの話だ。 

>>続きを見る

『いつの世でも金に支配される人間は現れる。そしてその末路は決まっているのだ』

 

 第6章

『金儲け』とは、『罠』である。正直、『儲ける』という言葉は廃れすぎて、使わない方が良い。どう見ても、もう『拝金的』な匂いが抜けきれない。

>>続きを見る

 

『罪を免れることが出来た?それはただの勘違いだ。人間の時間と神の時間は違う。』

 

 第5章

気づけば私は『神』という言葉を抵抗なく使っている。これ(キリストの言葉と向き合った内省)を書き始めた当時は、

>>続きを見る

 

 

広告

 

↑ PAGE TOP