名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

正岡子規 名言/格言

正岡子規

 

正岡子規とは(画像

日本俳人。生誕1867年

 

 

スポンサーリンク

 

正岡子規の言葉

 

『黙ってこらえているのが一番苦しい。盛んにうめき、盛んに叫び、盛んに泣くと少し苦痛が減ずる。』

 

カテゴリー:自己/精神

まずは、その通りだ。だが私がすぐにその後を追って言いたいのは、『だからと言って目を逸らすな』ということである。

>>続きを見る

 

『人の希望は、初め漠然として大きく、後、ようやく小さく確実になるならびなり。』

 

カテゴリー:自己/精神

まず初めに、『一番右』の量のコインを得ることを想定するのだ。そこに目標を設定する。

>>続きを見る

 

『禅の悟りとは、いつでも、どこでも死ぬる覚悟ができることだと思っていたが、よく考えてみると、それは大変な誤りで、いかなる場合でも、平気で生きることであることがわかった。』

 

カテゴリー:人生/生死

『死ぬために生きる』のではなく、『死ぬときに悔いの無いように生きる』。そういう印象を強く持ち、命を使い切るイメージでこの一生に臨みたい。

>>続きを見る

 

『病気の境遇に処しては、病気を楽しむということにならなければ、生きていても何の面白味もない。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

人よりも10倍の速度で歳をとる奇病に生まれた人間の一生を知っている。その女性は、親よりも早く老人になり、死んでいった。しかし、大好きなペットショップで働き、同じ運命を背負った男性を好きになり、恋もした。

>>続きを見る

 

『明治維新の改革を成就したものは、20歳前後の田舎の青年であって、幕府の老人ではなかった。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『明治維新の改革を成就したものは、20歳前後の田舎の青年であって、幕府の老人ではなかった。何事によらず、革命または改良ということは、必ず新たに世の中に出てきた青年の力であって、従来世の中に立っておったところの老人が、説をひるがえしたために革命または改良が行われたという事は、ほとんどその例がない』

>>続きを見る

 

『たとえ、漢語で詩をつくるとも、西洋語で詩をつくるとも、はたまたサンスクリット語でつくるとも、日本人が作った以上は、日本の文学であることに間違いない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

そうじゃなければ、日本の世界遺産にも認定されている幾多の寺院や仏像や、西洋語で出来た会社、店、映画、それら全てのものが、日本のものではない、という発想になるわけで、そうじゃないから今、皆は普通にそれを行うし、自国の世界遺産として認定するのだ。

>>続きを見る

 

『良句もできるが、駄句もできる。しかし、できた駄句は捨てずに書きとめておかねばならない。自分のつくった句を粗末にして書きとめておかぬひとは、とてものこと、一流の作者にはなれない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

私の部下に、同じ過ちを何度も繰り返す人間がいる。『何度も』だ。この言葉は、2,3度のケースで使う言葉ではない。100、いや、300を超えるものもある。『異常』なのだ。どちらにせよ、『正常』ではない。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP