名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

ラ・フォンテーヌ 名言/格言

ラ・フォンテーヌ

 

ジャン・ド・ラ・フォンテーヌとは(画像

フランス詩人。生誕1621年

 

 

スポンサーリンク

 

ラ・フォンテーヌの言葉

 

『無知な友人ほどに危険なものはない。賢い敵のほうがずっとましだ。』

 

カテゴリー:友情/仲間

イソップ物語を基にしたフォンテーヌの作品には、『北風と太陽』や『金の卵を産むめんどり』がある。

>>続きを見る

 

『人は、運命を避けようとしてとった道で、しばしば運命にであう。』

 

カテゴリー:時間/運命

『北風と太陽』で有名なフォンテーヌ。例えば私は、今回のこの言葉の引用元に『であう』と書いてあったのを、『出会う』と勝手に書き直したかったが、やめた。

>>続きを見る

 

『現在一つ持っているほうが、未来において二つ持っているより値打ちがある。』

 

カテゴリー:知性/知恵

フォンテーヌの名作、『金の卵を産むめんどり』の話がまさにそうだ。人間は、『いつか実るはずの果実』より、『今目の前にある種』を食べてしまう。

>>続きを見る

 

『無知な友人ほどに危険なものはない。賢い敵のほうがずっとましだ。ー②』

 

カテゴリー:友情/仲間

ソクラテスは言う。『友と敵、両方がいなければならない。友は忠告を与えて、敵は警告を与える。』つまりソクラテスはラ・フォンテーヌの言う『無知な友人』を『友』として認めていない。ソクラテスの言う『友』や『敵』は、皆賢いことが前提だ。

>>続きを見る

 

『お互い友人だといっても、それを信じるのは愚か者。この名ほど世間にありふれたものはなく、その実ほど天下にまれなものはない。』

 

カテゴリー:友情/仲間

『パレートの法則』で言えば、実に80%の人々がこの『友人』の解釈を間違っている。20%ほどしか理解していないということだ。

>>続きを見る

 

『危険にあまり注意しすぎると、多くの場合、危険に落ち込む。』

 

カテゴリー:知性/知恵

ラ・フォンテーヌはこうも言う。『人は、運命を避けようとしてとった道で、しばしば運命にであう。』あまり意識過ぎると、かえって『その闇』に吸い込まれることがある。例えば、

>>続きを見る

 

『妨害が大きければ大きいほど、欲望はつのるものだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

普通に考えて、例えば下記の様な二つのメーターがあったとき、『焦る』のは右で、『余裕』なのは左である。『ハングリー精神』や『バネが跳ねる原理』を想像すると良い。

>>続きを見る

 

『努力は、全ての扉を開く。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

努力が全ての扉を開く。その事実を証明する為に、私の言葉を添える必要ない。彼らの言葉十分だ。

>>続きを見る

 

『人間の魂に火が付いたなら、不可能は消滅するように出来ている。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

人間の魂に火などつかない。火が付くのはロウソクだ。だが、これは比喩だ。だからこれでいい。しかし、だとすると、『不可能は消滅する』も、曖昧なものになる。

>>続きを見る

 

『急いでも無駄だ。大切なのは間に合うように始めることだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

マキャベリはこう言い、『好機というものは、すぐさま捕まえないと、逃げ去ってしまうものである。』天才芸術家、レオナルド・ダヴィンチは言った。『幸運の女神には、前髪しかない。』

>>続きを見る

 

『全世界を知って、自分自身を知らない者がいる。』

 

カテゴリー:自己/精神

だとしたらその人物は『全世界』も知っていることにはならない。最低でも、人間、動物、昆虫、微生物、自然、知識、技術、それら全てのことがこの地球における『全世界』ということになるのだ。その中には当然、自分も含まれているのである。

>>続きを見る

 

『だまっている奴は物騒だ。騒ぎ立てる奴はそうでもない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

生き埋めにされた皇帝よりも、乞食暮らしの方がいい。この言葉にリンクする話がある。ソクラテス、

>>続きを見る

 

『生埋めにされた皇帝よりも、乞食暮らしのほうがよい。』

 

カテゴリー:知性/知恵

つまりこういうことだ。第二次世界大戦で、我々人類は知ってしまった。経験を積み、データを蓄積してしまった。それから万が一のために防衛技術を研鑽し続け、現時点でも70年の月日が経った。その間に磨き抜かれた戦略や、武器や、科学は、凄まじい成長を遂げている。

>>続きを見る

 

『すべての道は、ローマに通ず。』

 

カテゴリー:知性/知恵

意味は、かつて全ての国がローマへと道が繋がっていたことから、目的までの手段や方法は、何通りもある、また、一つの道理はあらゆることにも当てはまるのだ、ということを諭した言葉である。

>>続きを見る

 

『どんなことであれ、その結末を考えておくことである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

様々なことが考えられる。例えば、『映画製作』などにおいてもそうだ。まず先に結末を考え、その結末を最高のものに仕上げられるように、その前に沸き起こる最高のストーリーを演出する。そういう手法があるのだ。北野武などは、このような手法を使っている。

>>続きを見る

 

『忍耐と長時間は、往々にして力や怒りよりも効果がある。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

徳川家康は言った。『戦いでは強い者が勝つ。辛抱の強い者が。』その言葉が全てを物語っている。あるいは、伊達政宗の、『まともではない人間の相手をまともにすることはない。』

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP