名言を自分のものにする

広告

 

> > >  >

 

ゲーテ 名言/格言(9ページ目)

 

 

『バラの季節過ぎたる今にして初めて知る、バラのつぼみの何たるかを。』

 

カテゴリー:人生/生死

千紫万紅(せんしばんこう)とは、色とりどりの花の咲き乱れる様子の意味。花は咲く。だが、花が咲くために必要なのは、つぼみだ。つぼみがなるのに必要なのは、茎だ。

>>続きを見る

 

『逸話集や格言集は社会人にとって最大の宝である。もし前者を適当な場所で会話の中に混ぜ、後者を適切な場合に想起するならば。』

 

カテゴリー:知性/知恵

偉人の言葉や格言というものには、耳を傾けなければならない。そうしなければ、『永久に同じことを繰り返す確率』が、けた外れに上昇してしまう。

>>続きを見る

 

『気持ちよい生活を作ろうと思ったら、済んだことをくよくよせぬこと、めったに腹を立てぬこと、いつも現在を楽しむこと、とりわけ、人を憎まぬこと、未来を神にまかせること。』

 

カテゴリー:自己/精神

とにかく『気持ちよい生活』=『ストレスのない生活』だということだ。だとしたら当然、済んだことをくよくよしている暇はないし、腹を立てている暇もないし、現在を楽しまなければあっという間に終わるし、

>>続きを見る

 

『行為の最中にも思考の余地がある。』

 

カテゴリー:自己/精神

『行為』に移してしまっている時、往々にして人は、無我夢中でそれをやっていることが多い。何しろ、『思考の末に行為に辿り着いた』のだ。

>>続きを見る

 

『自分の一生の終わりを初めと結びつけることのできる人は最も幸福である。』

 

カテゴリー:人生/生死

ソクラテスは、無実の罪なのに、裁判で死刑に票を多く入れられた。友人のクリトンは、脱獄を企てるが、ソクラテスはそれを断った。

>>続きを見る

 

『焦ることは何の役にも立たない。後悔はなおさら役に立たない。焦りは過ちを増し、後悔は新しい後悔をつくる。』

 

カテゴリー:自己/精神

焦ると後悔し、後悔すると更に後悔する。数字を振って考えると、1:焦る、2:後悔する、3:更に後悔するだ。

>>続きを見る

 

『人はあまりにもつまらぬものを読みすぎているよ。時間を浪費するだけで、何も得るところがない。そもそも人は、いつも驚嘆するものだけを読むべきだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

トーマス・フラーはこう言い、『書物は友人と同様、数少なくあるべきであり、そしてよく選択されるべきである。』ジョン・ラスキンは言った。

>>続きを見る

 

『人間の最大の罪は不機嫌である。』

 

カテゴリー:自己/精神

『武士道』精神が根付いていた日本人からすれば、このような自制的な態度を受け入れるのはた易いはずである。

>>続きを見る

 

『他人を自分に同調させようなどと望むのは、そもそも馬鹿げた話だよ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

なぜなら全ての人間も含めた森羅万象は、唯一無二だからだ。しかも、過去、未来永劫という時間の規模の中においてもだ。

>>続きを見る

 

『同じ経験を繰り返して話をする人に言えることだが、彼らは経験すべきことの半分も自分が経験していないことを、いつまでもわかっていない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

それはそうだろう。同じ経験を繰り返して話をする人でも、そうでない人も、経験すべきことの半分も経験していない。というか、この世の全人間が、経験すべきことの半分も経験していない。

>>続きを見る

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

シェア

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP