名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

セルバンテス 名言/格言

セルバンテス

 

ミゲル・デ・セルバンテス・サアベドラとは(画像

スペイン作家。生誕1547年通称『『ドン・キホーテ』の著者』。

 

 

スポンサーリンク

 

セルバンテスの言葉

 

『どんな困難な状況にあっても、解決策は必ずある。救いのない運命というものはない。災難に合わせて、どこか一方の扉を開けて、救いの道を残している。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

聖書の次に世界的に出版されているという、あの『ドン・キホーテ』の物語を生み出したセルバンテス。この作品は2002年に『史上最高の文学100選』で見事に1位を獲得した。

>>続きを見る

 

『桶の水より、親切な言葉をかけるほうが、火はよく消える。』

 

カテゴリー:知性/知恵

北風と太陽』。一言、THE・それである。

>>続きを見る

 

『流れに逆らおうとしたところで無駄なことだ。流れのままにおれば、どんな弱い人でも港に流れつく。 』

 

カテゴリー:知性/知恵

流れの強さ次第だ。流れが強い川をなめてかかった人が、命を落とす例はいくらでもある。『川』ということで、近くに家族も知り合いも大勢いるし、

>>続きを見る

 

『太陽が照っているうちに、干し草を作れ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

日本にも『鉄は熱いうちに打て』という言葉があるが、同じような方向で、『やるべきタイミングでやるべきことをせよ』ということ。

>>続きを見る

 

『幸運はそれが失われるまで気付かれることはない。』

 

カテゴリー:成功/幸福

彼の様に達観することが出来たなら、セルバンテスの言葉も覆されることになる。

>>続きを見る

 

『自由のためなら、名誉のためと同じように、生命を賭けることもできるし、また賭けねばならない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

それが出来る人と出来ない人がいるのだ。それはおそらく、未来永劫、これからもずっと続くことだろう。何しろ、過去がそうなのだ。過去からそうなのであることを考えても、その蓋然性は極めて高いのである。

>>続きを見る

 

『自分のポケットの中の小銭は、他人のポケットの中の大金に勝る。卵を抱いているのはいいことだ。塵も積もれば山となる。光り輝くものすべてが金ではない。』

 

カテゴリー:お金/資産

いや、自分が持っている『小銭』より、他人が持っている『大金』の方が、間違いなく『普遍的な価値』がある。

>>続きを見る

 

『喜劇で最も難しい役は愚かな役であり、その役は愚か者には演じられない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『愚かな役』を演じられる人間は、『愚かではない人間』だけだ。何しろ、彼、彼女は、何が愚かでそうでないかということを熟知している。

>>続きを見る

 

『真の勇気というものは、臆病者と無鉄砲な者の中間にある。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

強者、無鉄砲、臆病者、勇者、今、出てきているのはこういう人物像だ。その内、『無鉄砲』と『勇者』である人間の命の日数は、短くなる可能性が高い。

>>続きを見る

 

『我々が第一に戦わねばならぬ厄介な敵は、我々の内部にある。』

 

カテゴリー:自己/精神

『我々が第一に戦わねばならぬ厄介な敵は、我々の内部にある。流れに逆らおうとしたところで無駄なことだ。流れのままになっておれば、どんな弱い人でも港に流れ着くものだ。』

>>続きを見る

 

『ひとつのドアが閉まったときには、また別のドアが開く。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

『どんな困難な状況にあっても、解決策は必ずある。救いのない運命というものはない。災難に合わせて、どこか一方の扉を開けて、救いの道を残している。』

>>続きを見る

 

『信仰の存在するところに神は存在する。』

 

カテゴリー:宗教/信仰

だとすると、祈るところに信仰があり、信仰があるところに愛がある。セルバンテスの言葉で言うのであれば、その『愛』は『神』である。そしてその『愛(神)』は、貧しい人々の為への奉仕を生む。

>>続きを見る

 

『光り輝くものがすべて金だとは限らない。』

 

カテゴリー:お金/資産

高村光太郎はこう言い、『道端のがれきの中から黄金を拾い出すというよりも、むしろがれきそのものが黄金の仮装であったことを見破る者は詩人である。』遠藤周作は言った。

>>続きを見る

 

『裸で私はこの世に来た。裸で私はこの世から出てゆかねばならぬのだ。』

 

カテゴリー:人生/生死

この人生をどう生き、どう死ぬかという問題について、セルバンテスのこの言葉以外に考える言葉がいくつかある。

>>続きを見る

 

『つまらぬ財産を持つより、立派な希望を持つほうがマシだ。』

 

カテゴリー:お金/資産

『三流が遺す金=つまらぬ財産』、『一流が遺す人=立派な希望』になる。

>>続きを見る

 

『空腹は世界中で最上の調味料である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

私は、知人の億万長者(百万長者)と、その他数十人とで焼肉を食べる機会があった。

>>続きを見る

 

『女の「イエス」と女の「ノー」は同じようなものさ。そこに一線を引くなんて無謀なことだよ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

日本で言うなら、『ダメ』と『無理』でニュアンスがまた変わってくる。ダメよダメよも好きのうちだ。しかし、『無理!』と手で静止してあしらう様子からは、心の拒絶反応が垣間見えるのである。

>>続きを見る

 

『音楽のあるところには真の悪は存在できない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

しかし、よく映画やなんかでクラブの中で薬物をやって、娼婦にも似た露出度の高い女をはべらかし、敵に乗り込まれて銃を乱射するシーンがあるだろう。

>>続きを見る

 

『手の中の一羽の鳥は、宿り木に止まっている二羽の鳥に匹敵する。』

 

カテゴリー:知性/知恵

トーマス・フラーはこう言い、『今日卵を一つ持つより、明日めんどりを一羽持つほうがよい。』ラ・フォンテーヌは言った。

>>続きを見る

 

『心の中で感謝するだけなら、本当の感謝ではない。自分は行動の中で感謝を示そう。』

 

カテゴリー:自己/精神

いや、心の中で感謝すれば、十分感謝している。何しろ、心の中で感謝していないのに、感謝した素振りをしてみせる軽薄な人間が多い。

>>続きを見る

 

『安眠は心労の最大の療法である。』

 

カテゴリー:自己/精神

詳しくは、石坂泰三のこの記事、『睡眠は長い時間を必要としない。ぐっすり眠ればそれでよい。』ここに全て書いた。

>>続きを見る

 

『分別よりも愚行の方が、とかく仲間や追随者を呼び寄せるものだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

分別ある人間は、『唯一無二』の重要性を理解している故、『境界線』を生み出すことを常としている。

>>続きを見る

 

『「そのうちやる」という名の通りを歩いて行き、行き着くところは「なにもしない」という名札のかかった家である。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

そのうちやる。明日やる。今やるつもりだった。言い訳は無限にある。無限に言い続けることが出来る。だが、それを言わないとう選択肢を選ぶこともできる。

>>続きを見る

 

『事実は真実の敵なり。』

 

カテゴリー:知性/知恵

事実は真実の敵というのは、どういうことだろうか。シェイクスピアは言った。

>>続きを見る

 

『人生は一枚の銀貨のようなものだ。それをどう使おうと勝手だが、使えるのはたった一度きりである。』

 

カテゴリー:人生/生死

『人生は一枚の銀貨のようなものだ。それをどう使おうと勝手だが、使えるのはたった一度きりである。』セルバンテスのこの言葉と、ピタリ同じことを言っている人間がいる。

>>続きを見る

 

『流れに逆らおうとしたところで無駄なことだ。流れに身をまかせれば、どんなに弱い人でも岸に流れ着く。その2』

 

カテゴリー:人生/生死

ここにあるイメージはまるで、『透明の龍』だ。透明の龍の背に乗って、縦横無尽にこの世の荒波を駆け巡るイメージで、龍を味方につけたいのである。

>>続きを見る

 

『君の友人を教えなさい。そうすれば、君がどういう人間か言ってみせよう。』

 

カテゴリー:友情/仲間

儒教の重要人物、荀子は言った。『その人を知りたければ、その友人を見なさい。』

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP