名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ソール・ベロー『はっきりした計画は、選択という苦痛から解放してくれる。』

ソール・ベロー


アメリカ作家 ソール・ベロー画像


例えば『旅行』だ。そしてその『旅行』を、『場当たり的』に行動して、無駄に過ごしたくないという人にとっては特にこの言葉が突き刺さるだろう。つまり中には『行き当たりばったりが楽しい』と考える人もいる。

 

それは考え方次第だ。例えば『居酒屋でヤケ酒を飲む』行為だが、その飲み方について、計画的に行う者がいるだろうか。その数は少ない。

 

そもそも『居酒屋でヤケ酒を飲む』という行為自体が、『場当たり的』な行為だ。それなのに計画的にそれをやることは、矛盾する。一緒に飲む人との波長も合わないだろう。

 

居酒屋

 

だとすると『旅行』も同じだ。どういう目的でその旅行に出かけているかで、波長は変わる。有意義に、効率的に人生の経験、糧を蓄積したい人間にとって、『計画』は必須、パートナーの様なものだ。

 

しかし、『単なる憂さ晴らし』と考えて旅行する人にとっては、時に『計画』とは『足枷』であり『拘束』でありストレスの源である。つまり彼らは、『計画的に動かなければならない拘束に苦痛を感じている』わけだ。

 

しかしそんな彼らもソール・ベローに言わせれば、

『計画をしない、という計画をはっきりと持っていれば、場当たりで選択しなければならない決断への責任を放棄でき、その憂さ晴らしの旅行の目的は、達成できる。』

 

のである。

 

イチローは、小学生の頃に卒業文集にメジャーリーグまでの道のりを書いた。そしてそれを本当に実現させた。

 

途中、遊びの誘いもあっただろう。変人扱いされることもあっただろう。だが、やり遂げたのだ。様々な『選択肢』が飛び交う人生を生きてきたはずだが、それがブレなかった。それはイチローに、『はっきりとした計画』があったからだ。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

4.『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。

自分の思考とそこでする確信の実力を侮るな。思考は現実化する。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ソール・ベロー『はっきりした計画は、選択という苦痛から解放してくれる。』




↑ PAGE TOP