名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >   >  >  >

 

渋沢栄一『その仕事が真に有望で、且つ、その人が真に信用ある人なら資本ができぬはずがない。』

渋沢栄一


日本実業家 渋沢栄一画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『有望な仕事があるが資本がなくて困るという人がいる。だが、これは愚痴でしかない。その仕事が真に有望で、且つ、その人が真に信用ある人なら資本ができぬはずがない。愚痴をこぼすような人は、よしんば資本があっても大いに為す人物ではない。』

 

何しろ、『資本』とは、『資産』とも意味がほぼ等しいわけだが、資産とは、リソース(ヒト、モノ、カネ)のことであり、それはつまり、真に信用ある人なら必ず持っているはずのものなのである。

 

 

信頼というのは、その人の価値であり、人徳、人望だ。

『この人なら決して裏切らないし、失敗することは無い。いやむしろ、失敗したとしても、この人が全力でやってダメだったのなら、それは最初からダメだったということだ。重要なのは、この人と、たった一度の人生で、そんな困難な試練に挑戦したということで、私は、それで本望である。』

 

そう思わせるだけの人徳がないのであれば、どちらにせよどんな壁も乗り越えることは出来ない。つまりそれが先にありきだ。先にあるべきなのが、資産だと思っているのであれば、それは間違いである。

 

阪急グループ創始者、小林一三は言った。

『金がないから何もできないという人間は、金があってもなにも出来ない人間である。』

 

資本などあってもなくても関係ない。『自分の意志こそが資本なのだ』という気概を持った人間だけが、試練の壁を突破していくのである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

渋沢栄一『その仕事が真に有望で、且つ、その人が真に信用ある人なら資本ができぬはずがない。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『論語(義・倫理)とそろばん(利益)は両立する。』

 

『大なる立志と小さい立志と矛盾するようなことがあってはならぬ。』

 

『事業には信用が第一である。世間の信用を得るには、世間を信用することだ。個人も同じである。自分が相手を疑いながら、自分を信用せよとは虫のいい話だ。』

 

『親から子に対して孝を励めよと強ゆるのは、かえって子を不孝の子たらしむるものである。』

 

『すべて物を励むには競うということが必要であって、競うから励みが生ずるのである。』

 

『個人の富はすなわち国家の富である。』

 

『人生の行路は様々で、時に善人が悪人に負けたごとく見えることもあるが、長い間の善悪の差別は確然とつくものである。』

 

『夢なき者は理想なし、理想なき者は信念なし、信念なき者は計画なし、計画なき者は実行なし、実行なき者は成果なし、成果なき者は幸福なし、ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず。』

 

『一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。』

 

『事を成し、物に接するには、必ず「満身の精神」をもってせよ。ささいな事であっても、いい加減に扱ってはならない。』

 



↑ PAGE TOP