名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >   >  >  >

 

竹中半兵衛『分に過ぎたる価をもって馬を買うべからず。』

竹中半兵衛


日本武将 竹中半兵衛画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


身分不相応。そして身分相応。自分にとって、それが相応か不相応をか見極める。正直、これが出来たらもう半分人生は成功したようなものだ。

拡大再生産』とは、50万円の投資をして100万円の収入があった場合、それをそのまま投資に回す生産方法だ。生活は質素なもので耐え忍ぶ。だがその代わり、少し待てばその100万円が、150万円にも、200万円にもなって返ってくるのだ。

一方、『単純再生産』とは、50万円の投資で100万円が入った場合、50万円だけまた投資に使い、50万円で私腹を肥やしてしまうやり方。次の収入も、やはり100万円。永久にこれを繰り返す生産方法だ。給料(サラリー)を貰っている人間は、ほぼこの生産方法で金と人生とに、向き合っていることだろう。



ラ・フォンテーヌは、
『現在一つ持っているほうが、未来において二つ持っているより値打ちがある。』

と言ったが、それは彼の名作でもある『金の卵を産むガチョウ』の話を考えただけでも、説得力のある話である。





その50万円分の権利は、今の自分にとって本当に必要(相応)なのだろうか。

このことについて、一度じっくりと考えたい。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

竹中半兵衛『分に過ぎたる価をもって馬を買うべからず。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『武士は名こそ惜しけれ、義のためには命も惜しむべきはない。』

 

『お前も褒めてもらいたければ、自分で手柄を立てろ。』

 

『要害がいかように堅固であっても、人の心が一つでなければものの用をなさない。』

 



↑ PAGE TOP