名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

孔子『自分より人格的に劣った者を”友”としてはならない。』


孔子の言葉


儒教の始祖 孔子(画像

 

弟子が孔子のことを書いた『論語』には、同じような言葉が10近くある。これはどういうことか。

 

では、自分より優れた者を友としようとするのなら、相手からすれば、自分は劣った存在になり、矛盾が発生する。人間の四聖に数えられる孔子が、こういう無意味なことは言わない。これは、決して人を『差別』する言葉ではないのだ。人に優劣をつけるような、そういう低次元の話ではない。孔子は、小学生ではないのだ。

 

孔子は、有益な友として

 

  • 正直者
  • 誠実な者
  • 物知り
  •  

    を挙げている。そして悪友の例として、

     

  • 見栄っ張り
  • ゴマすり
  • 口達者
  •  

    を挙げているのだが、まあこうしてみると、私はなんとこの『悪友』を好きになれないことか。見栄と見得の意味をわかってない人間や、反応的でコバンザメのような主体性のない人間、表裏的で軽薄な人間は、私はずっと昔から嫌いだった。そして、経営者として義利合一を求めて邁進していると、正直で、誠実で、崇高な理念がなければ淘汰されることを思い知った。

     

    自分より人格的に劣った者を”友”としてはならない。つまり、そういう悪友に成り下がるな、そういう悪友を友として扱うな、ということ。

     

    自分が悪友に当てはまるなら、諦めるな、そう決めつけるなということだ。周りに悪友に当てはまる者がいるのなら、なめ合うのではなく、見捨てるのでもなく、思い知ってもらうべきだということだ。

     

    悪友はいるべきではない。いるべきなのは、友だ。

     

    参照:子曰く、忠信を主とし、己に如かざる者を友とすることなかれ。

    (子罕第九-二十五)

     

    ※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    22.『本当の友人とは。

    真の友人は『失意時代』にわかる。『得意時代』に群がる人間を過信するな。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『なぜ必要以上の化粧をしている。なぜ人目を気にしておどけているのだ。ピエロのパラドクスを知れ。』

     

     

     

     

    孔子『自分より人格的に劣った者を”友”としてはならない。』


    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

    スポンサーリンク

     

    同じカテゴリーに属する他の記事


    『私と同じ境遇の人はいるかね。あまりにも人と話が合わないので多趣味になったのだ。』

     

    『人生は川の流れと同じだ。我々は、大河の一滴である。』

     

    『躾け?虐待?そこに愛があるかどうかだ。』

     

    『人生は川の流れと同じだ。我々は、大河の一滴である。』

     

    『迷い、憂い、恐れ。1+1の答えを言うときにその感情があるかどうか考えると良い。』

     

    『物事を成し遂げようと思ったら、別に自分の代だけで終わらない時もある。』

     

    『”力”に屈するな。力づくで何かを捻じ曲げようとする気持ちも、その範囲内だ。』

     


    広告

     

    ↑ PAGE TOP