名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

武者小路実篤『人は死ぬ瞬間までも、もしかしたら助かるかもしれないと空想し得る力を与えられている。』

武者小路実篤


日本作家 武者小路実篤画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


これは『希望』のことでもあり、『現実逃避』のことでもある。両者はとても、似ている。が、似ているようで、似て非なるものである。

 

しかし、『現実逃避』もやり方によっては、『希望』と見間違うことがある。例えば、『空想』という言葉が出ているが、『フィクションの世界』はどうだ。『ファンタジー』、『妄想』、『ディズニーランド』、『アニメ』、『映画』、何でもいい。

 

それは『希望』というよりは、『現実逃避』の方向にあるわけだが、しかし、あながち『逃避』とも言い切れない、『希望』の様なニュアンスも垣間見える。何かこう、『夢』の様な、『ロマン』の様な印象があるし、そこには確かに、この世の光が差し込んでいて、時に勇気や感動を貰える。

 

カメラ

 

それは『逃避』だろうか。『希望』だろうか。

 

武者小路実篤の言う様に、確かに人は、この無常な人生について憂い、嘆き、目を逸らす。しかし、作家の五木寛之は著書『人生の目的』でこう言っているが、

 

───▼

 

『地獄は、場所ではないそれら(※負の連鎖を断ち切ること)が出来ない執着にまみれた醜い人間が生活する世界のことを、地獄という』

 

(中略)

 

そして、その『地獄』から抜け出すために、解放されるために、 『真理』や『信仰』の力を借りる。宗教とは、そんな地獄に差す一片の光である。


───▲

 

宗教が『一片の光』なのであれば、我々が逸らした先にある『空想』もまた、『一片の光』なのかもしれない。

 

しかし、その空想が今日も明日も、人を生かすのだ。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

4.『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。

自分の思考とそこでする確信の実力を侮るな。思考は現実化する。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には心がある。心があるから人間なのだ。』

 

 

黄金律

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

 

 

 

 

武者小路実篤『人は死ぬ瞬間までも、もしかしたら助かるかもしれないと空想し得る力を与えられている。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

武者小路実篤関連の書籍

 

同じ人物の名言


『この道より、われを生かす道なし。この道を歩く。』

 

『自然、必然、当然。三つのものの、合一する道を歩く確かさ。』

 

『心配しても始まらないことは心配しない方が利口だ。心配すべきことを心配しないのはよくないが、それも大胆に、いじけずに心配すべきだ。』

 

『人間が死ぬ時の言葉は美しいと言われているのも、人間は死ぬ時は、自分のことを考えず、あとのことを考えるからである。』

 

『僕が信用する人はどんな時でも、本音のあり場所を示す人だ。本当のことがわからない時は、わからないとはっきり言える人だ。』

 

『結婚は早すぎてもいけない、おそすぎてもいけない、無理が一番いけない、自然がいい。』

 

『僕は運命を信じないのです。ただ実力を磨くことだけを信用しているのですよ。』

 

『すぐれた人間は、いざと言う時が来ないでも、いつも全力を出して仕事をしている。』

 

『自分で幸福を感じている人は、それだけで満足し感謝するが、自分が幸福を感じないものは、他人に尊敬されたかったり、他人に報酬を求めたりする傾向になりやすい。』

 

『心の美しい者は、皆に愛されるのは事実である。そして恐らく運命にも愛されるであろう。』

 

『一から一をひけば零である。人生から愛をひけば何が残る。土地から水分をとれば沙漠になるようなものだ。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP