名言を自分のものにする

広告

 

 >  > > >

 

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』(5ページ目)

 

  • 弟子とは
  •  

     

    ・⇐Back(一致する偉人の名言)

     

    弟子の内省(2016年)


    ※的を射ていない、あるいは上辺だけの文章の為、見る価値なし

    自分の生き方、今までの人生

     

    今まで生きてきた人生を、自分が納得するようなものにするのも、ああしておけばと後悔するのも、自分次第。過去に後悔するようなことがあったとしても、これからの生き方次第では、後悔ではなく、必要な経験だったと言えるようになっていく。過去の行動を後悔していたり、ああなっていたら今の自分は違っていた、周りが変わっていたら今の自分も違うようになっている、と責任を周りに押し付け、自分が歩いてきた道を批判するようになってしまうと、これからの人生も周り任せになってしまう。

     

    今までの行動、人生をポジティブに考えられていれば、もし違う生き方をしていたら、すでに死んでいて今、生きられていない、今のように五体満足に生きられていないと考えることもできる。命があり、元気に生きられている現実に目を向けなければ、ポジティブに生きることよりも、今までの人生をネガティブに考えるようになってしまう。

     

    今までの人生も、今ある現実も、自分の考え方次第で、どんなふうにでも捉えることができるのだから、全てポジティブに考えるようにしていかなければ人生を楽しむことはできなくなる。自分がポジティブに考えたとしても、ネガティブに考えたとしても、周りは過去に起きたことなんて知らず、今の生き方、これからの行動しか見ないということを考える。今までの生き方を気にするのは自分の心の問題だということを理解すれば、何か起きたその時はどんなに悪いことだと思うことであっても、そのことをネガティブに引きずることは意味がないことに気づける。

     

    逆に、どんなに悪いことであったとしても、その出来事を自分の中でポジティブに変換して生きる力にすることができれば、今までの人生で無駄なことなんて一つもないことに気づける。今まで積み重ねてきたこと全てが自分にしかない人生だということに気づければ、これからの人生も自分にしか出来ないこと、やるべきことを考えるようになる。

     

    イジメだと思い込んでいる過去も、家族が亡くなったということを不幸の出来事にしていることも、これからの生き方次第では人の役に立つこともできるようになる。今までの経験を力に変え、自分にしかできない生き方をしていくことが、過去の出来事をポジティブに変換できる方法だということを常に考えるようにしていき、これからの人生、生き方を周りから見ても、自分の中でも、いい人生だと思うために全ての壁を乗り越えていくように生きる覚悟が必要だ。

     

     

     

     

    ・⇐Back(一致する偉人の名言)

     

    スポンサーリンク

     

    シェア


     

    『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』(5ページ目)


     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

    最新記事をチェック

    『人類の永久保存版』の名に恥じない、『8,000の名言を通して捻出された38の黄金律』の最新情報をチェック!

     


    広告

     

    ↑ PAGE TOP