名言を自分のものにする

広告

 

> > > >

 

ソクラテス『自分が病気だと知った人は医者にかかるが、病気に気づかず健康だと思い込んで、病んでいることを知らない人は医者に行かない。』


ソクラテスの言葉


古代ギリシャ哲学者 ソクラテス(画像

 

これはその通りだ。まず、かつての私、かつての悪友、そして数年前の部下、それに祖母や親族、信仰を持つすべての人間である。

 

確信的な私の話はこうだ。まず私は、『自分ではなく、周りが間違っているのだ』と考えていた。そして奇しくも、『本当に周りが間違っている』ことが半分あった。 それも助長させていた。

 

私は自由になりたかっただけだった。 自由に、自分らしく、人間らしく生きていきたいだけだった。しかし、ふと気づいたら私は自由を奪われていた。 あらゆる約束事や規制やルールに、がんじがらめになっていた。

 

父が余命一年の肝臓癌にかかった。私の刹那の本音は、

 

(これで楽になれる)

 

だった。

 

いざ私を苦しめていた『親玉』がいなくなるとわかったそのとき、 私の止まっていた思考は動き出した。そして、血のつながった実の親が死ぬのに、涙一つ流さないこと、そして『それを聞いた場所』があまりにも異常な場所であるということを考えたとき、

(勝負には勝ったが、俺が自殺する選択肢もある中、勝つには勝ったが、 まさか本当に死ぬとはな…。

 

なんか、こうしていざ死ぬとなると、かわいそうだな。どうせ死ぬんなら、もう少し言いたいことを言わせてやればよかったな。

 

それを俺が聞くか聞かないかは別で考えて、 あっちの人生もたった一つなんだ。 言わせてあげればよかったな。

 

人間らしく生きたい。そう願ってきて、涙一つ流さず、『勝った』とか、『楽になれる』と考える俺は、おそらく、間違ってるだろうな。)

 

私の思慮がその深さにまで潜ったとき、私の目からは、封印していたはずの涙が一つ、こぼれていた。決して自分の非を認めない極めて傲慢であるこの私が、『自分にも変えなければならないことがあった』という事実を、受け入れることが出来たのだ。

 

そこからの話はあまりにも内容が濃いので書ききれないが、ソクラテスの今日の言葉を私は、心底から噛みしめることが出来るのである。

 

さて、他の人の話も少し躍起になって長くなってしまうので割愛するが、 部下の話がわかりやすいのでそれだけ書こう。

 

部下はかつて、幼少の頃事故で兄を亡くした。以来、彼の家族には『負の遺産』が遺った。『被害者意識』の凝り固まった、『負の家族』になってしまったのだ。私はまだ親に会ってはいないが、いや、会わない方が良いだろう。説教を止められる気がしない。

 

しかし彼らをどうして責めることが出来るだろうか。本当に被害者なのだ。だが、早くに親を亡くした私には言う資格がある。『だからといって』、なにをしても許されるわけではない。

 

恩師は言った。

『わかっちゃいるけど、理解っちゃいけない。』

 

親がそう思い込んだら、子も同じになる。部下は、以来 『何をしても自分が被害者で、悪いのは外部だ』と思い込むようになり、かつての『いじめ』も、 会社での『成績』も、ひいては『パートナーとの出会い』でさえ、 自分が主体的に解決するものではない

 

そう思い込んでしまっていたのだ。

 

私は、それを5年半前の入社初月に全て見抜いて、助言をした。

『お前の人生は、そのパラダイム転換が、全てのカギだ』

 

その後彼は、『吃音症』というれっきとした病であることが判明し、それに付随して片づけられない病気、『ADHD』、注意欠陥障害である『ADD』にも似た行動を取ることを止められないことも判明した。



彼は、『彼が演じているキャラクター』とはかけ離れていた。

 

隠蔽していたのだ。くさいものに、蓋をしていた。全ての歯車は、兄が死んだときに狂い出していたのだ。私はその事実から絶対に目を逸らしてはならないと思った。

 

そして今、彼との『本気の付き合い』は、5年半を過ぎた。今でもまだ片鱗は腐るほど見える。だが、圧倒的に違うのは、それを『認識している』か、『隠蔽している』かの違いだ。

 

かつての私もそうだったように、 人は何より、自分と向き合う時間を作ることが、運命を変えるほど重要なのである。

 

 

 

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

35.『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。

『無知の知』。それは、『人間は生涯、全知全能になることはできない』ということを悟る知性。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ソクラテス『自分が病気だと知った人は医者にかかるが、病気に気づかず健康だと思い込んで、病んでいることを知らない人は医者に行かない。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『人間だれもが、肉体という独房に繋がれた死刑囚なのだ。』

 

『わたしは、善いことかもしれない死を、はじめから、よくわからないのに恐れて逃げることは絶対にしない。』

 

『死を恐れることは、「本当は知者ではないのに、知者であると思い込む」のと同じなのだ。』

 

『もし有罪の判決がくだれば、わたしに罪をかぶせたのは、メレトスでもアニュトスでもない。多くの人からの悪口や嫉妬、妬む心なのだ。』

 

『君は、私が人間を堕落させたとして裁判に引き出したのだ。”堕落”させる人を見つけたのだからね。だったら反対に、どんな人たちが、若者を善くするのか知っているね。』

 

『知者だと思い込み、『無知の知』を知らない人は知恵を求めようとしない。』

 

『健康が善で、病が悪?それなら病にかかり旅を止めたら、乗船するはずの船が難破して、命を救われた人がいた。それでも病は悪か?』

 

『この人は、多くの人たちに知恵のある人物だと思われていて、自分でもそのように自覚しているけれども、実はそうではないのだ。』

 

『わたしの名が知られるようになったのは、他でもない。わたしが『ある一つの知恵』を持っていたからなのだ。』

 

『私の死刑が決まった。皆さん、わずかな時間のことでね。もう少し待てばいいのに。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP