名言を自分のものにする

広告

 

> > > >

 

孔子『神を”尊敬”はしても、”崇拝”はするな。』


孔子の言葉


儒教の始祖 孔子(画像

 

なるほど。私は孔子(論語)の言葉と向き合って内省をしているだけで、孔子が行う『儒教』がどういうものかなど、一度も考えたことがなかった。その他の宗教と同じく、なんらかの神がいて、それを奉り、崇拝する宗教の一つだと思っていた。

 

私は宗教があまり好きではないから、正直、孔子、釈迦キリストというこれらの面々と向き合うといっても、宗教色を外した上での対話しかしてこなかった。それはただただ、人として生きて、死ぬまでの間に、人間を極めた、ソクラテスを含めたこの『四聖』の話を真剣に聞かなければ、悔いを残す、という理由があったからだ。

 

だが、なるほど。儒教の始祖である孔子も、私と同じことを言うような人だった。

『神霊は尊崇すべきだが、深入りせずに一定の距離を保つのが知的な態度といえるだろうな。』

 

孔子は、宗教を全否定していたわけではないが、宗教の毒も心得ていたのだ。私自身、クリスチャンの両親、祖母のもと育てられたから、宗教について抱く葛藤は、痛いほどよくわかる。今、私は彼らを責めることはない。だが、当時の宗教を強要された私は、彼らの存在を憎んだ。

 

”神”とは、”偉大”だ。だが、強要するものではない。求める者にだけ、光を照らす存在こそが、”神”なのだ。

 

 

参照:子曰く、民の義を努め、鬼神を敬してこれを遠ざく、知と謂うべし。

(雍也第六-二十二)

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

孔子『神を”尊敬”はしても、”崇拝”はするな。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『多岐亡羊。それはこういう意味だ。キツネに勝ったのは、ハリネズミだということ。』

 

『適材適所がある。弓使いが前線に居ても使い物にならないだろう。』

 

『知者は楽しみ、仁者は寿ぐ。』

 

『弟子の孟子が自暴自棄という言葉を創った。それに当てはまらない者はいるか?』

 

『人間の道は逸れて歩くことが出来る。ということは、逸れずに歩くことが出来るのだ。』

 

『本当の人助けとは、自立の支援だ。育児と教育の違いでも、それはわかることである。』

 

『”楽しむ”ことが人間が受けられる最高の賜物だ。”楽”をすることとは違う。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP