名言を自分のものにする

広告

 

> > > コリント人への第二の手紙

 

カテゴリー『コリント人への第二の手紙』

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

 

 

『どうせ種を蒔くなら、惜しみながらではなく、惜しげもなく蒔け』

 

 第9章

たとえば、『投資』ということで考えてみるのだ。100万円の元手がある。そのうち、50万円を投資に使い、50万円を私利私欲に使う。それが何らかの形で100万円となって手元に返ってくるとしよう。

>>続きを見る

 

『悔いのない人生を。だがもし悔い、改めるのなら、許される』

 

 第7章

悔いのない人生を、これが私のブログのタイトルだ。悔いのない人生を生きなければならない。人間が人生の黄昏時に振り返って悔いを残すのは、『負ってきたあらゆるリスク』

>>続きを見る

 

 

広告

 

↑ PAGE TOP