名言を自分のものにする

広告

 

> > > 中部経典『鋸喩経』

 

中部経典『鋸喩経』

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

 

 

 

『たとえのこぎりで手足を切断されても、自分を見失うな。』

 

これはあまりにも究極的すぎて、ついてこれる人間は少ないだろう。少ないといっても、本当に少ない。いないかもしれない。だがブッダは言っている。

>>続きを見る

 

『その”穏やかさ”は、本物か?偽善か?』

 

例えば、裕福な家庭に生まれ、温かい家庭にも恵まれたある一人の少年が、とある穏やかな秋の快晴の青空の下で、大好きなペットと遊ぶとき、あるいは最愛の恋人とおしゃべりをするとき、人は、どうして”激昂”できるだろうか。

>>続きを見る

 

 

広告

 

↑ PAGE TOP