名言を自分のものにする

広告

 

> > > >

 

ブッダ『”内観”の実力を全ての人間が知らないことは、滑稽である。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

『内観』というのは、文字通り『内を観る』時間ということだ。難しく考える必要など全くない。

 

反省(猛省)⇒内省⇒内観。

 

この順番で、『潜る深さ』が変わるということだけ。たったそれだけのこと。それ意外の余計なことを一切考えてはならない。宗教だとか、修行だとか、なんたらかんたらだとか、そんなことは一切関係ないのだ。

 

『反省』するときそういうことは考えるだろうか。考えないはずだ。その感じでいい。だが、一つ気を付けるのは、当然⇒に行くほど真剣にならなければならないということである。そこにはある種、確かに『修行』っぽさや、『達観』にも似た、『神々しさ』があるかもしれないが、そういうことも一切無視するのだ。

 

それらは思慮の邪魔になるだけ。純粋な内観とは、そういう一切の邪念を取り払った状態でなければ、効果は歪曲してしまうだろう。ただ純粋に、自分と向き合う時間を作るのだ。それだけ。それ意外のことを一切考えてはならない。信仰を持つ親に反抗し続けた私がやったぐらいだ。それでもう十分だろう。

 

内観とは、人間の運命・パラダイム(価値観)を変えるほどの実力を持っている。ブッダがやったのは『ヴィパッサナー瞑想』と言われるものだが、これも『内観』と同じだ。

 

 

もし仏教徒なのであれば別にそのヴィパッサナー瞑想』の意識でやってもいい。なんだっていいが、とにかく内観をやらない理由がない。私は心の底からそう確信している。『内観』というワードを知らないだけで、人はそれを無意識にやっているのだ。

 

例えば、

大きな事故で入院したとき、
不治の病に侵されたとき、
長い投獄生活を余儀なくされたとき、
職を失ったとき、
国家の危機に瀕したとき、
心底からシンクロする感動や物語に出会ったとき、
家族を失ったとき、
人生の黄昏時を迎えるとき、

 

我々は、『反省』でもない、『内省』をも超えた、『内観』を無意識に、やっているのだ。そして後になって必ず言うだろう。

『あの時、あの経験が、私を変えてくれた。』

 

それを、『環境の力』ではなく、主体的にやるのだ。例えば、釈迦が『ブッダ』になる為にやったのは、その『主体的な内観』なのである。

 

 

参照:法句経350

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ブッダ『”内観”の実力を全ての人間が知らないことは、滑稽である。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『ストレスの原因は、その”欲”の正当化かもしれない。』

 

『”執着”は最大の罪。だが、”執着”の意味を知っているか?』

 

『歪んだ愛情は、文字通り人の人格を捻じ曲げる。』

 

『執着には気を付けろ。厳重に警戒せよ。』

 

『依存すれば楽になれる?実際は逆だ。』

 

『根っこと枝の原理を知れば解決する。』

 

『足りないと思う以上は、足りないのだ。』

 

『一切行苦(いっさいぎょうく)。これすなわち、すべての衝動は苦しみの根源であることの悟り。』

 

『諸法無我(しょほうむが)。それすなわち、全ての物は、自分の物ではないという悟りである。』

 

『悩みの根源になっているなら、その好き嫌いに囚われないようにしよう。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP