名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

>  >  >

 

魔裟斗 名言/格言

魔裟斗

 

魔裟斗とは

日本キックボクサー。日本の元キックボクサーであり、タレントや俳優としても活躍している魔裟斗は1979年3月10日生まれです。現役時代は、その不遜な言動から注目されましたが、自信の裏付けはその練習量と言えるくらい練習熱心で、引退理由の一つに「パンチドランカーになった姿を子供に見せたくない」というものを挙げる一面もあります。

 

魔裟斗の名言としては「どんなに練習しても強くなれない選手はいる。でも、この世界は才能だけでは勝てない。死ぬほど練習しなきゃ。」と「俺は選ばれた人間だと思っているが、そういうふうに思い込めるのは、確かに才能かもしれない。」というものがあります。才能があると自分で認めていても、決してそれだけではなく努力があってこそという考え方が伝わってきます。

 

 

スポンサーリンク

 

魔裟斗の言葉

 

『なぜ泣きそうになるくらい練習するかというと、俺は勝ちたいという気持ちが誰よりも強いからです。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

なぜ泣きそうになるくらい練習するかというと、俺は勝ちたいという気持ちが誰よりも強いからです。パンチにしてもキックにしても、それだけだったら俺より強い選手はたくさんいます。でも、絶対勝つという気持ちが弱いから、何発もローキックをもらったりすると、すぐ心が折れてしまう。

>>続きを見る

 

『大きな土台をつくっておかないと、気持ちよく次のステージには行けませんから。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『最後の試合は、これが魔裟斗だとみんなの記憶に残る試合をすると決めたのです。 それには派手に打ち合ってKO勝ちするしかないでしょう。

>>続きを見る

 

『話を聞いてとりあえずやってみて、それからこれは自分に合うかどうか判断する。これができる選手は強くなります。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『反逆のカリスマとよく言われるんですが、実際は昔から俺は人の話をよく聞く素直な子でした。話を聞いてとりあえずやってみて、それからこれは自分に合うかどうか判断する。これができる選手は強くなります。

>>続きを見る

『どんなに練習しても強くなれない選手はいます。でも、この世界は才能だけじゃ勝てない。死ぬほど練習しなきゃ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

つまり、『才能』と『努力』と両方が無ければならないということだ。そう考えると、この言葉からは確かに『狭き門』という印象を受けるが、とんでもない。

>>続きを見る

『俺は選ばれた人間だと思っていますけど、そういうふうに思い込めるのは、確かに才能かもしれません。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

自己効力感、アファメーション、セルフマネジメント、これらの言葉の共通点は、『自分を信じる』ということである。

>>続きを見る

『強くなりたければ、自分の一番嫌いな練習や苦手な練習をやった方がいい。好きなことや楽なことばかりやっていたら、強くなれるわけがありません。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

長所を伸ばして、短所を補うという発想も当然あるが、『短所を長所に変えるだけの努力をする』という選択肢もあるわけだ。

>>続きを見る

『「こうしたい」という程度の思いの強さでは駄目です。本気で「こうする」と思うから、じゃあ、そのために何をやらなければならないかということがわかってくるんです。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

人間の意志が持つ力は、甚大である。計り知れない力を持っているのだ。それが人の運命を左右すると言っていい。

>>続きを見る

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP