名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

チャールズ・ブコウスキー 名言/格言

チャールズ・ブコウスキー

 

チャールズ・ブコウスキーとは

アメリカ作家。生誕1920年

 

 

スポンサーリンク

 

チャールズ・ブコウスキーの言葉

 

『小さな種火を残し、その火を絶やさないで。種火さえあればまた燃え上がるから。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

ブコウスキーは、長い間不遇の時代を過ごした。肉体労働、郵便局員、いろいろな職を転々としながら、自分のやりたいこと、いや、やるべきことをやり続けた。

>>続きを見る

 

『民主主義と独裁国の違いは、民主主義ではまず投票して、そのあとで命令をきくが、独裁国では投票する無駄が省かれているということである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

どちらにせよ『命令を聞く』ことが共通点だと言える。リヴァイアサンとは、旧約聖書に出て来る海の怪物だ。

>>続きを見る

 

『人は大きなことではなく、小さなことがうまくいかないと次第にイライラしてくるものだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

ある種の麻痺の話である。イギリスの作家、ウィリアム・ヘイズリットは言った。『何百万という人類の滅亡よりも、自分の小指のけちな痛みのほうが心配なものだ。』

>>続きを見る

 

『簡単なことを難しく言うのがインテリ。難しいことを簡単に表現するのが芸術家。』

 

カテゴリー:知性/知恵

だから例えば、辞書などを開くと、その『インテリ』が作った記事なんだなあ、と思って、正直、私の様な馬鹿には理解しづらく、辞書としての存在価値を疑う時がある。

>>続きを見る

 

『書くことの目的はまず第一に、愚かな自分自身の救済だ。』

 

カテゴリー:自己/精神

書くという行為は、自分の心を映し出すのと同じで、それを映し出す書面やパソコンの画面は、媒体である。まるで、『覗き込む』イメージだ。

>>続きを見る

 

『ほとんどの人間が、天才として生まれ、白痴として葬られる。』

 

カテゴリー:自己/精神

『白痴(はくち)』という言葉は、今は使っていないらしいが、差別的な意味も含まれるような、『アホ』、『知的障害』という方向の言葉である。この場合で言えば、天才の対極として考えればわかりやすい。

>>続きを見る

 

『愚か者の幸運は神聖にして犯すべからず。』

 

カテゴリー:知性/知恵

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP