名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >  >

 

木村拓哉『手を抜くほうが、疲れる。』

木村拓哉


日本タレント 木村拓哉

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


いや、普通に考えたら、手を抜いたほうが楽だ。しかし、もしこの『疲れる』という意味が、そういう『楽をしたときに得られる刹那的な快楽の代償』のことなのであれば、その通りだ。『楽』と『楽しい』は違うのである。

 

ポール・マッカートニーは言った。

『努力することより、しないことの方が難しいよ。』

 

実際、努力をしていない人間などほぼいないのだ。だがなかにはもちろんいる。部屋から一歩も出ず、ゲームも読書もストレッチもせず、ただ布団にくるまって、汚くなって虫がわいているような部屋で、掃除もせず、食事も全部親に持ってこさせ、寝てばかりいる人間が、その対象である。

 

つまり、そうした人間以外は、皆努力をしているのだ。歩く努力、話す努力、掃除する努力に、本を読む努力、ゲームだって、ダンスだって、スポーツだって全部努力だ。生きていれば人間は必ず、何かしらの努力をしなければならないようになっている。

 

だとしたら、どうせやるなら全力でやりたい。そうでなくてもいずれ必ず死ぬのだ。この儚い一生を『虚しい』ものにするか『尊い』ものにするかは、自分次第だ。

 

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

木村拓哉『手を抜くほうが、疲れる。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『それはただ歪んだ鏡の前に立っただけじゃないの?』

 

『100の使命を与えられたら、そのまま100やって返すんじゃなくて、120くらいにして返せば、20ぶんだけ相手に対する愛情になると思う。』

 

『結婚したら、指輪をするか?俺はしないんじゃないかな。べつに意味ないと思うから。結婚指輪って、不安な人がしてるんじゃないの?』

 

『恋人に「好き」とか「愛してる」って言葉は言わないね。そういう気持ちがあったうえで、何か違うこと言ってると思う。』

 

『アイドルっていうものに対して、常に逆向いていたいっていう気持ちが強かった。』

 

『俺たちは、SMAPっていう集合体でやったときのそこでしか生まれない力を知ってる。』

 

『オヤジにボコボコなぐられて育ちましたからね。ああいうふうにされなかったら、こういう人格にはならなかったと思う。』

 

『相性って難しいと思うよ。結局それって鍵と鍵穴みたいなもんで、最近の鍵は、一応どの穴にでも入ることは入るんだよ。でも、ぴったりとくるのはただひとつだけ。』

 

『俺の友達は優等生じゃなくて、優良生。まわりからは、「バカだ」とか「不良だ」と言われてるかもしれないけど、ひとつのことにメチャクチャ長けてる。』

 



↑ PAGE TOP