名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

やなせたかし『生きていることが大切なんです。今日まで生きてこられたなら、少しくらいつらくても明日もまた生きられる。そうやっているうちに次が開けてくるのです。』

やなせたかし


日本漫画家 やなせたかし

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


私の人生で一番混沌としていたのは、10代後半から20代前半の頃だ。あの頃は、いつ何がどうなってもおかしくはなかった。そういう精神状態だし、周りの環境も怪しかった。

 

先も全く見えなかった。お先真っ暗というやつだ。しかし、それでもそうしたことを考えているとき、必ず辿り着く一つの考え方があった。それこそが、今回のやなせたかしの言う様な発想だったのである。

 

(…まあでも、なんだかんだ言って、今俺、生きてるしな。今までも結構波乱に満ちてたぞ。だが、生きている。ということは、恐らく今回も、そしてこれからも大丈夫だ。)

 

 

それは確かに、無責任で無鉄砲な考え方ではあった。しかし同じくらい、楽観的で前向きな考え方でもあった。私はこれを、楽観的で前向きな考え方にさせるよう、『努力』することが重要だと考えるようになった。

 

前を向いている。しかしその『前』だと思っている方向が、人を殺すテロリストの様な方向であれば、それは実際には『前』ではない。従ってそれは『前向き』ではなく、『後ろ向き』だ。『楽観的』ではなく、『現実逃避』だ。

 

つまり、楽観的で前向きな人生を送るためには、『前』を向かなければならず、そしてその『前』が、どの方向かを正確に見定める必要がある。

 

そして私は出会うべくして出会った。それが、『四聖』に数えられる、

 

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリストであり、

キリスト

世の偉人たちである。

偉人

 

私が楽観的で前向きな考え方を大事にしようと思っていなければ、私は彼らに辿り着かなかった。そして、一生どの方向が前かも理解せず、足踏みしていただろう。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

3.『生きるのは過去でも未来でもない。『今』だ。

明日があるとかないとか、昨日までに何があったとか、そんなことは関係ない。先延ばしにするな。過去に執着するな。今、この瞬間を生きろ。まだ、生きている。


>>続きを見る

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『『絶対』などない。だが、『それでも絶対にやってやる』という気持ちだけが、未来を切り開くのだ。』

 

 

黄金律

『『運気に期待する』のではない。『気運を呼び込む』のだ。』

 

 

黄金律

『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

 

黄金律

『危機が完全に去ることを待つのではない。この一生を悔いの無いように航海するのだ。 』

 

 

 

 

やなせたかし『生きていることが大切なんです。今日まで生きてこられたなら、少しくらいつらくても明日もまた生きられる。そうやっているうちに次が開けてくるのです。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『アンパンマンは世界最弱のヒーロー。』

 

『今の日本も昔の日本も同じ。絶えず激動しているんだ。世の中というのは、決して静かにならない。』

 

『一瞬を一生懸命生きるということと、目の前にいる人を喜ばせる。毎日、それをやっていきます。それしかありませんね。きっと、これからも。』

 

『本当の正義というものは、決して恰好のいいものでは無いし、そしてそのために必ず自分自身も深く傷付くものです。』

 

『一日一日は楽しい方がいい。たとえ十種の病気持ちでも、運は天に任せて、できる限りお洒落もして、この人生を楽しみたい。』

 

『自分を犠牲にしても人を助けなきゃいけないという時があるんですよ。』

 

『正義とは実は簡単なことなのです。困っている人を助けること。ひもじい思いをしている人に、パンの一切れを差し出す行為を「正義」と呼ぶのです。』

 

『バイ菌は食品の敵ではあるけれど、あんパンを作るパンだって酵母菌という菌がないとつくれない。』

 

『何が君の幸せ?何をして喜ぶ?わからないまま終わる、そんなのは嫌だ。』

 

『自分はまったく傷つかないままで、正義を行うことは非常に難しい。』

 

『芸術映画でなくても、見る人の心に残るメッセージは必要不可欠、それが僕の作品を作る上での信念なんです。』

 



↑ PAGE TOP