『ヒト』を最適化しよう。

オロナインやマキロンの殺菌・消毒効果がニキビに効くって本当?

オロナインは『万能薬』

ニキビをオロナインで治療する考え方がありますが、これは『やむを得ずの最低限のケア』だと考える方が妥当です。オロナインは万能薬ですが、『ニキビに特化した薬』ではないということを理解することが必要です。

 

 

下記の記事にも書いたように、ワキガに対しても同じ考え方です。

 

『赤飯、オロナイン、ハッカ油』を使ってワキガ対策ができるって本当?

 

効能・効果

にきび、吹出物、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、しらくも

成分・分量

本剤は殺菌作用を有するクロルヘキシジングルコン酸塩を配合した親水性軟膏です。1g中にクロルヘキシジングルコン酸塩液(20%)を10mg含有します。なお、添加物としてラウロマクロゴール、ポリソルベート80、硫酸Al/K、マクロゴール、グリセリン、オリブ油、ステアリルアルコール、サラシミツロウ、ワセリン、自己乳化型ステアリン酸グリセリル、香料、精製水を含有します。

 

確かに効能に『ニキビ』とあります。しかし、その他にもありますよね。水虫や、いんきん等にも効きます。このようにして、オロナインは古くから存在する名万能薬ですが、だからこそ逆に『毒にも薬にもならぬ』一面があるということを知る必要があります。

 

オロナインヒストリー』にはこうあります。

「ヤカンに触ってやけどした~」「オロナイン、塗っときなさい」「転んで擦りむいたぁ」「薬箱にオロナインがあるでしょ」

 

生傷の絶えない子供のころ、耳にしたことがある会話ではないでしょうか。そんな家庭の薬「オロナイン軟膏」は、徳島県鳴門の小さな製薬工場で生まれました。(中略)父の会社に11番目の社員として入社し、1947(昭和22)年に経営を引き継いでいた大塚正士(まさひと)が製品開発に頭を悩ませていたころ、三井物産からある話が舞い込みました。アメリカのオロナイトケミカル社が新しい殺菌消毒剤を開発した、これを使ってみないか・・・。

 

さて、これを何に使うか?正士が目を付けたのが軟膏でした。当時、メンソレータムやメンタム、 ペニシリン軟膏といった大衆薬がヒット商品となっており、この分野なら安定した売れ行きが期待できると考えたからです。早速、徳島大学の3人の教授に製品開発を依頼。新製品は1952(昭和27)年に完成し、翌1953年には発売にこぎつけました。待望のオリジナル製品第1号は、原材料メーカーの社名から「オロナイン軟膏」と命名。

参考 オロナインヒストリー大塚製薬

 

こうしてオロナイン誕生の物語に目を向けてみれば見えてくるものがあります。オロナインは古くて有名であり、長く愛される万能薬ですが、『ワキガ治療薬』でもなければ、『ニキビに特化した薬』でもないのです。

 

私はある寮生活をしていたのですが、そこではこのオロナインが色々な病気に使われていました。

 

  • ニキビ
  • 凍傷
  • インキン
  • 水虫

 

大した医療設備のないその寮では、このオロナインは重宝されていました。しかし、ではそのオロナインで劇的にそれらの病気が改善されたかというと、全くそうではありませんでした。あくまでも、『やむを得ずの最低限のケア』だったという印象です。やらないよりはいいと。

 

ですから、『ニキビにはオロナイン』というテーマがいまだに根強く残っているのは、ただこのオロナインが『古くから日本で愛用されている万能薬』だからして、多くの人がその存在と組み合わせを知っているからにすぎません。『コーラと言ったらコカ・コーラ』とイメージするように、意識が植えついているだけなんですね。

 

先生

古くから愛用されているってくらいだから、それくらい万能であることは事実なんだけどね!
たしかに!

ハニワくん

知覚の法則

『マーケティング22の法則』にはこうあります。

知覚の法則

多くの人がマーケティングとは商品の戦いであると考えている。長い目で見れば結局、最良の商品が勝利するのだと。(中略)ソフトドリンクメーカーの幹部の中には、マーケティングとは味の戦いだと信じている人たちもいる。では言うが、味に関してはニューコークがナンバーワンである。(コカ・コーラ者が20万人を対象に実施した味覚テストによれば、ニューコークはペプシコーラより味がよく、ペプシはいまコカ・コーラ・クラシックと呼ばれる最初のコークよりも味がよいという結果が出ている)

 

ところが、マーケティング戦争ではどれが勝ちを収めただろうか。調査でベストの味だとされたニューコークの売上はなんと第三位である。調査で一番まずいと判定されたコカ・コーラ・クラシックが一位なのだ。

 

このほかにも本には『カテゴリーの法則』や『心の法則』など、商品が世の中に受け入れられるための法則について、たくさんのポイントを教えています。我々には意識がありますが、このようにして、

 

  • コーラと言ったらコカ・コーラ
  • ディーゼルと言ったらジーンズ
  • ティッシュと言ったらエリエール

 

などと、強い認識を持っています。このような無意識に刷り込まれている認識があり、そこには法則が渦巻いています。人は、何か商品を買うとき、決めるときに、まず最初にこのような法則に基づいて、自分の無意識に植えついているイメージを想像し、それを優先しようとします。

 

ヤカンに触ってやけどした~

オロナイン、塗っときなさい
転んで擦りむいたぁ

薬箱にオロナインがあるでしょ

 

オロナインはこのようにして、『~になったらオロナイン』という意識づけに成功することができたので、長い間人々に愛され、生き残ってきたんですね。しかし、先ほど『味に関してはニューコークがナンバーワンという事実がある』とありましたね。つまり、古くから多くの人に愛されている商品は、必ずしも最良の商品ではないのです。

 

 

オロナインは確かに万能薬ですが、しかしニキビに特化した薬ではないのです。したがって、このオロナインに過度な治療効果を期待するのは間違いだということがわかりますね。

 

先生

だけど、これらの法則のおかげでオロナインはまだまだ売れ続けるだろうね!もっと上のレベルの万能薬が出るまでは!
たしかに!

ハニワくん

1 2 3 4 5 6