名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『逆境?それこそが自分の真価が問われる瞬間だ。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

逆境というのは、『いよいよ自分単独の実力が試されるときが来た』と思うべき瞬間である。その時に、物に八つ当たりしたり、人を傷つけたり、動物を殺したりすることがあれば、それは、いかに『周囲に依存していたか』ということが判明するということだ。

 

『ブレすぎ』だ。『自分単独の舞台』になった途端に。どれだけそれまで、『支えてもらっていた』のだ。

 

『自立』とは、読んで字の如くだ。自分の足で立つ。そこには、支えなどない。このことについて一度、親(教育者)と子供(生徒)は考え抜く時間を設けるべし。

 

 

参照:法句経184

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生のあらゆる艱難辛苦とは、バネにかかる圧力である。』

 

 

黄金律

『艱難辛苦とは、自分の器を削る作業に他ならない。器を大きくしている間は、少しくらい我慢しなければならない。』

 

黄金律

『逆境?窮地?それはそうだろう。枯渇したのだ。それはスポンジが水を吸収する用意が整ったことを意味する。』

 

黄金律

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

 

 

黄金律

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

 

 

ブッダ『逆境?それこそが自分の真価が問われる瞬間だ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『感情に身を任せない。いや、というよりも、信号に身を任せないよう心掛けよ。』

 

『理不尽に出遭えば、負の感情に支配されそうになる。だが、心を落ち着けよ。』

 

『自分の心の管理棟に入れ。自分以外、誰がそこに入るというのか。』

 

『そもそも、”教祖様”も”わけのわからない像”もただのこじつけである。』

 

『人はどんどん老化していく。そう考えると、偉そうにしていることがとても虚しい。』

 

『自分をマスター(支配)せよ。それは思っているより楽しいことだ。』

 

『ブッダ、ブッダと言うが、あなたもブッダになれるのだ。』

 

『たった一度のこの人生。あなたが選んだ道は、その歩きがいのある道か。誇りを持て。』

 

『たった一度のこの人生。あなたが選んだ道は、そのくだらない道か。恥を知れ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP