名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『一人前と一流。その溝は、普通の人では見えない。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

とかく、人間とは自分のしたことを人に認めてもらいたいものだ。これは、『自己承認欲求』として、人間に当たり前のように植えついている、インプットされている本能の為、誰しもがもっている欲求だ。それ自体は、罪でもなんでもない。

 

マズロー 出典:『マズローの欲求5段階説

 

むしろ、この『マズローの5段階欲求』を見てもわかる通り、人としてかなり上の段階に位置する欲求の為、これを求める人は周りから見ると、世に言う『成功者』などという部類の人間を目指す人々が、これに当てはまるため、人としてとてもアクティブに見える。

 

 

だが、この『マズローの5段階欲求』には、実は続きがある。それが『自己超越』という境地。『自己実現欲求』の上にあるもう一つの段階のことである。

 

普通の人間は、この図のように、『自己承認欲求』や、『自己実現』の欲求を満たしたと思ったら、最下層の『生理的欲求』に戻ってしまう傾向がある。結局人は、生きるために働き、少しでも快適な生活をするために苦労するのが目的だと考える為、そうなってしまうのだ。だが、自分の人生をじっくりと内省する思慮深い人間は、その次の段階から、目を逸らさない。

 

ここで、人として一流か、三流かの差が出るのだ。一人前と一流は違う。ブッダというのは『悟りを開いた者』という意味だから当然、ブッダは『自己超越』についての話をする。そのブッダは、『成功者になれ』などとは言わない。

 

もし自分を『成功者』という枠組みに当てはめるのであれば、当然世の中に、『敗北者』が生まれることになる。

 

そうやって人間に『勝ち負け』をつけ、自分たちの業績を誇り、あとの者を見下し、思い上がるような人間が、『人間として成功者』のわけがないだろう。そういう態度をとる人間は大勢いるが、ブッダは言う。

『もしあなたの心がくつろいで静かに安定しているのなら、自分の業績を誇り、思い上がりの罠にかからないはずだ。』

 

つまり、表面でそれらを明らかにしたがる人間とは、実のところ、金があろうが、地位があろうが、名誉があろうが、心底では自分に自信がないのである。

 

不正行為をしたのか、もっと崇高な人間を知っているのか、たった一度の人生を突き詰められずにいるのか、理由は様々だが、とにかく、現実を直視できないから、自分を棚に上げ、正当化をするのだ。

 

彼らはもちろん、『一人前』だ。だが、『一流』ではない。たった一度の人生で、『一人前』に甘んじるか、『一流』を追求するか、生きている限り、それを選択する権利が、全ての人間に、ある。

 

今日も『一人前』を選択する?それでもいいだろう。

 

誰も責めはしない。

 

 

参照:経集783

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


>>続きを見る

 

21.『お金を稼ぐことは、良いのか。それとも悪いのか。

『義利合一』。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ブッダ『一人前と一流。その溝は、普通の人では見えない。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『無敵のバリアを手に入れよ。』

 

『幻に浸りたければ、みんなからの評判に耳を傾けよ。』

 

『勝って奢らず、負けて腐らず。』

 

『平等に考えよう。公正に考えよう。』

 

『浮ついた自己アピールによって、自分の格を下げるな。』

 

『専門用語でまくしたてる人間は、自分に自信がないことを公言しているようなものである』

 

『人と張り合う虚しさを知れ』

 


広告

 

↑ PAGE TOP