名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『内弁慶に成り下がるな。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

内弁慶とは、外面はいいが、身内となるとえばり散らして見せる人間のことである。文字通り、弁慶のように強そうにふるまって見せるということだ。

 

だが、こういう言葉がある。

『偉そうな人に、偉い人はいない。』

 

外でも内でも、偉そうにしてしまっては、自分の品格は下がってしまうのである。それに、外で偉そうにして敵と闘う姿は、まだ雄姿に映ることもあるが、内で偉そうにする人間ほど虚しい存在はない。

 

ハードルが違うだろう。内弁慶に成り下がるな。そんなに弁慶のようにふるまいたいのであれば、外でやれ。そして、その”外”とは、町内会ではない。 ”世界”だ。世界で弁慶としてふるまえないのであれば、ふるまう資格は、最初からないのである。

 

 

参照:経集125

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


>>続きを見る

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ブッダ『内弁慶に成り下がるな。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『最低の人間とは』

 

『仕返ししたら負けだ。負けたいならすればいい。』

 

『自我を支配し、それを”延長”させるな。』

 

『無敵のバリアを手に入れよ。』

 

『幻に浸りたければ、みんなからの評判に耳を傾けよ。』

 

『勝って奢らず、負けて腐らず。』

 

『平等に考えよう。公正に考えよう。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP