『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ニキビの原因の一つはストレスや不安定な精神状態って本当?

ニキビの原因の一つはストレスや不安定な精神状態って本当?

はい。

ニキビは成長ホルモンのバランスに深く関係していますが、睡眠不足によって成長ホルモンや自律神経が乱れてしまい、ニキビができやすくなってしまいます。

先生

ストレスによってニキビができるっていう話は何か聞いたことあるけど、ちゃんと調べてみると、やっぱりそれは事実だったようだね!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

睡眠不足と成長ホルモンとニキビの関係性

この記事は、

 

 

と併せて考えていきたい。

 

それらにも書いた様に、ストレスもニキビの原因となる。

 

これは、全ての専門書を見れば明らかになることだ。タバコやストレスも、全ての専門書に必ず『NGだ』と出て来る。 これら5大要素は必ず最適化することが必要だ。

 

 

ストレスによって自律神経系が影響を受けることになる。交感神経と副交感神経とから構成されており、ストレスを受けると交感神経の働きが活発化する。そうすると、

 

  • アドレナリン
  • ノルアドレナリン

 

などのホルモンが多量に分泌され、血圧が上昇したり、筋肉が収縮したりしてストレスに対抗するために体が緊張状態になる。ストレスをもたらす対象に対して怒りや恐怖などの感情も生じるから、精神面でも緊張状態になる。

 

『医師によるニキビ・ニキビ跡・毛穴の開き完全治療マニュアル』(海苑社)にはこうある。

また、ストレスはホルモンの分泌を司る内分泌系の働きとも関連しています。糖質コルチコイドという一種の抗ストレス作用の強いホルモンを分泌して、ショックや炎症をやわらげたり、気力を高めるなど、心身をストレスに抵抗できる状態にしてくれるのです。

一時的なストレスに対しては、交感神経の活発化や糖質コルチコイドの分泌で立ち向かうことができます。そして、ストレスが早めに解消されて心身の緊張が解かれてリラックスできればいいのですが、慢性的にストレスが続くような状態では、交感神経の活発化や糖質コルチコイドの分泌はむしろ心身に悪影響を及ぼします。

交感神経の働きばかりが強化されると、自律神経失調症を招くおそれがあります。交感神経と副交感神経とがバランスよく機能することで、体が健康な状態に保たれるわけですから、そのバランスが崩れると、たとえば不眠や動悸、頭痛、倦怠感といった症状に悩まされることになってしまうのです。

 

 

また、ストレス状態が長く続くと、糖質コルチコイドの分泌が優先されて、性ホルモンや成長ホルモンなどの分泌が抑制されることになります。すでに述べたように肌の健康と美容には性ホルモンの関与が大きいので、その分泌が抑えられてしまうと、ニキビができやすくなったり、皮膚の潤いや弾力を保つ機能が低下したり、角化異常を招くことに繋がります。

このストレスはアダルトニキビをもたらす重要な要因になっているのではないかといわれています。職場や家庭の中で抱えるさまざまなストレスが自分でもきづかない間に積み重なって、自律神経系や内分泌系の働きに悪影響を及ぼした結果、アダルトニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまうというのは、十分に考えられることなのです。

 

先生

慢性的なストレスから、交感神経の働きばかりが強くなる。そうすると、自律神経失調症を招いて、様々な問題を引き起こす。更に、成長ホルモンの分泌が抑制され、ニキビができやすくなってしまうんだね!
同じような例で、睡眠不足の弊害について、先生が下記にリンクを貼ったっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 5大要素は必ず最適化することが必要だ。
  • ストレス状態が長く続くとニキビができやすくなったり、皮膚の潤いや弾力を保つ機能が低下したり、角化異常を招く。

ストレスと自律神経とニキビの関係性

また、ストレスというものは、以下等の乱れも引き起こすわけだ。

 

ストレスが引き起こす問題
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 胃腸の不調
  • 睡眠不足
  • 暴飲暴食
  • アルコールの過剰飲酒
  • 喫煙

 

それに関しては、

 

 

これらの記事に書いた内容に繋がってくることになる。ストレスというのは心身が外界から攻撃され、危険にさらされている状態。だがその刺激が『頑張ろう』とか『負けないぞ』と奮起することに繋がるので、適度な刺激なら人間にとってはプラスだ。

 

しかし、それが『適度だ』と思うか『過剰だ』と思うかは自分次第。したがって、ストレスを負ってそれを『良い加減だなあ』と思える精神力がないのであれば、ストレスはなるべく避けたほうがいい。

 

 

長期化したり過度に激しかったりすると、体に異常をきたす原因となる。内臓機能は精神的な影響を受けやすく、過度のストレスは自律神経とホルモンバランスの面から、とくに消化器の運動に悪い影響を与える。

 

過度のストレスを受けると、胃腸の消化活動が極端に低下し、血圧の循環が悪くなり、皮膚の血液が少なくなる。更に、皮膚の新陳代謝が悪くなり、そして肌のトラブルにも繋がってくるのだ。

 

先生

ストレスを負ってしまうと、肌に様々な悪影響を及ぼすんだね!自律神経とホルモンバランスを維持するためにも、日ごろからストレスフリーな生活を心掛けることが大切だよ!
お風呂やマッサージ、大笑いしたり、映画を観たりして大いに楽しむっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • ストレスが引き起こす問題を確認する。
  • 過度のストレスを避ける。