『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ニキビの原因の一つは食生活。高脂肪、高糖質、高毒素に注意せよ!

欧米食って、やっぱりニキビの原因になるの?

はい。

高脂肪、高カロリーの欧米食は、美味しいというメリットの代わりに、様々なデメリットを持っています。逆に、日本食は世界から称賛されているくらいです。

先生

とある外国のテレビで、『この日本食を食べたら、日本人みたいに長寿になるよー!』なんて呼びかけるシーンがあったけど、日本食は本来、世界に誇る、ずば抜けた文化なんだ!
ふむ!

ハニワくん

先生

欧米食はとっても美味しいけどね!みんな大好きなんだけど、その代わり様々なデメリットがあるんだ!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

甘い密には毒もある

 

と併せて考えていきたい。

 

よく、スナック菓子やチョコレートを食べ過ぎるとニキビが出来てしまうことがある。私なども、普段食べない脂っぽい料理を食べたり、スナック菓子を食べ過ぎると、次の日、あるいは早ければその日の内に、口内炎やニキビといった、何らかの体の異常が出ることがある。

 

 

ニキビの原因となる食べ物には、肉や油、バター等の脂肪や、砂糖や小麦粉などの糖質があるが、その中でもあはりニキビによくないのが脂肪と糖質がくっついた人間が『美味しい』と感じる食べ物。例えば、下記などがこれに該当する。

 

脂肪と糖質がくっついた食べ物
  • チョコレート
  • ケーキ
  • アイスクリーム
  • バター
  • ハンバーガー
  • ラーメン
  • ドーナツ
  • 揚げ物
  • 辛い食べ物
  • お酒類
  • スナック菓子

 

 

欧米食、動物性脂肪などに気を付けたいということだ。このうち、辛い食べ物については、胃を荒したり、内臓に負担をかける。また血行を促進するため、ニキビの炎症を悪化させる恐れがある。お酒類は、糖分を多く含んでいるだけでなく、皮脂の代謝を促すビタミンB群を大量に消費してしまう。内臓への負担も多いので注意が必要だ。

 

先生

この、『食べた物を代謝させるために、ビタミンを消費してしまう』っていう事実には、きちんと目を向けたいね!これは結構集中して考えないと、頭に焼き付かないと思うよ!ビタミンがなくなると、当然心身に影響が出るからね!
たしかに!

ハニワくん

先生

僕もこないだね、ちょっとお菓子を暴食しちゃったんだけどね、その次の日に体調を崩したんだ。普段はお菓子をほとんど食べないのに一袋食べたから、恐らくビタミンをたくさん消費して代謝させたことで、全体的な体調が崩れたんだ!
うーむ!

ハニワくん

脂肪分や糖分は、皮脂の材料となる。従って、過剰な脂肪分や糖分によって、皮脂の分泌量が増える。食べた分と消費される分のバランスがとれている分には問題はないが、消費しきれないほどの糖質や脂肪をとり、肝臓に蓄積される許容量を超えると、皮脂の分泌量が高まってしまい、ニキビの原因となる。

 

更に、脂肪分や糖分は皮脂の性質を変化させ、皮脂を皮膚の外に排出しにくくしてしまう。つまり、毛穴に皮脂が詰まる原因となるのだ。そうするとコメド(面皰。ニキビの原因となる角栓)が形成されることになる。そして、『アクネ桿菌』などが増殖しやすい環境を作り、炎症や膿疱を招くことに繋がってしまうのだ。

 

 

これは本当にそうで、私は普段から食事には常に気を付けているので、

 

  • 低糖質
  • 低脂質
  • 高たんぱく

 

の食事をベースにしているわけだが、たまにそうしたジャンクフード的なものを食べると、決まってそういう異常が起こる。『普段は出来るはずがない場所にニキビが出来る』ので、すぐにそれが原因だとわかる。

 

例えば、つい先日なら『腰』に出来ていた。もう、普段なら意味不明である。そんな場所には一年に一度出るか出ないかということで、その原因はタイミング的に、スナック菓子を久しぶりに食べた、ということ以外には考えられないのである。

 

 

私の場合は、その『ちょっとの量が過剰』だった。なぜなら、『普段節制しているから』だ。絶食していた人の食べ始めは『お粥』が良いように、急激な食事の変化は、ここで言う過剰な脂肪分や糖分に近いものがあることがわかるシーンである。

 

先生

この例も同じだね!僕(著者)の場合は普段しっかりと食事制限をして管理しているから、『だから大丈夫だろ』ということで、たまに暴食してしまうんだけど、その時に、必ずと言っていいほど体調に変化が出て来るんだ!
ビタミンが消費され、皮脂なども多く分泌されるんすね!

ハニワくん

 

逆に言うと、別に普段から動物性脂肪やたんぱく質の食事を摂っている人であれば、前述したような食事を食べても、異常は起きないこともあるだろう。

 

あくまでもこれは、原則的な考え方だ。ニキビ体質の人が脂分を過剰に意識し過ぎる時代があったが、その様な考え方は、今ではあまり推薦されていない。あくまでも人それぞれには、体質というものがあり、それに合った食事や生活を取ることが望ましいのである。

 

また、それらの体にあまりいい影響を与えない食事『ばかり』摂っていると、当然食事のバランスが崩れる。例えば、朝はバターとメープルシロップがたっぷり乗ったパンケーキとか、昼はハンバーガーとか、夜はビールとスナック菓子だけとか。

 

また、インスタント食品を食べながら徹夜で麻雀をしながら煙草を吸って、などという不規則極まりない生活を『長期間継続』するなら、尚のこと心身のバランスはめちゃくちゃになる。どういう異常が出ても文句は言えないと言えるだろう。まるで、『火に油を注ぐ』ようなものだ。火に油を注げば、火の勢いは強まるばかりなのである。

 

 

またラーメンには、塩分を大量に使っていることが多い。塩分を大量に摂取すると、体内のナトリウム濃度が高くなり、その濃度を下げようとして皮下組織に水分が集まってくる。

 

そして、その水分がやってくるのは『大腸』だ。便には70~80%の水分が含まれているが、そこからさらに水分を吸い取り、皮下組織に移動させようとする。そうすると、便が固くなり、便秘がちになる。

 

 

先生

ラーメンは、結果的にニキビになる可能性があるんだね!とにかく考えたいのは『生活習慣の最適化』なんだけど、暴飲暴食や、煙草やアルコールを控えることはもちろん、欧米食から健康的な和食に切り替えることも必要になるね!
和食はやっぱりいいっすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 消費しきれないほどの糖質や脂肪をとり、肝臓に蓄積される許容量を超えると、皮脂の分泌量が高まってしまい、ニキビの原因となる。
  • 辛い食べ物は、胃を荒したり、内臓に負担をかける。また血行を促進するため、ニキビの炎症を悪化させる恐れがある。
  • お酒類は、糖分を多く含んでいるだけでなく、皮脂の代謝を促すビタミンB群を大量に消費してしまう。
  • ラーメン便秘を誘発し、結果的にニキビの原因となる。

不規則な生活によって胃腸が弱ることの弊害

『ニキビのことならまかせなさい』(光文社)にはこうある。

食事を抜く

  • 暴飲暴食をする
  • 自己流ダイエットをする

 

などをして食生活が不規則になると、胃腸に負担をかけます。胃の中は常に非常に強い酸性になっていて、この強い酸性の力で食物を溶かして消化し、殺菌や解毒をしていくのです。ところが、不規則な食事で殺菌力や解毒力が弱まると、食べ物は毒性の残ったまま胃を通過します。そしてこの毒性が小腸や大腸から体の中へ吸収されてしまい、あちこちで炎症を起こす誘因となるのです。

 

従って、胃が弱っているときは普段よりも刺激性の強い脂が皮脂腺から排泄されることになり、皮脂腺の周囲は炎症を起こしやすい状態になります。また、胃腸を悪くすると、消化吸収がスムーズにいかず、栄養不良にもなります。そうなると身体の抵抗力が落ちて、ニキビができやすい状態になるのです。

 

この、『毒性の残ったまま胃を通過し、それがあちこちで炎症を起こす』ということは、実感としてよくわかる話である。

 

つまり、『毒素自体が有害』であるからして、それらの少ないオーガニック食品などを摂取し、欧米食やインスタント食品、スナック菓子などの摂取を避けることは何となくわかるが、不規則な食生活によって胃の働きが弱まり、殺菌・解毒力が低下して毒性の残ったまま食べ物が体内に浸透してしまう、ということは知らなかった。

 

 

基本、うつ病あがり症、ED、ワキガ口臭薄毛等といったこれらのよくある人間のコンプレックス的な問題は、『食事、睡眠、運動』という基本中の基本を、極めて最適化することで、ホルモンや脳内物質のバランスを最適化し、美と健康を維持、向上させることが出来る。これは、全ての専門書を見れば明らかになることだ。

 

タバコやストレスも、全ての専門書に必ず『NGだ』と出て来る。この5大要素が担う問題はとてつもなく大きい。不規則な食生活が引き起こす弊害を知れば、改善せざるを得なくなるだろう。

 

 

先生

毒性の残ったまま通過してしまうっていうのは知っておきたいね!だから、そもそもその『毒』事態を摂取しないように、和食にしたいってことなんだ!和食の大元は仏教の禅の教えにある『精進料理』だよ!殺生戒を守るために、動物の肉を使わないんだ!
なるほど、奥が深いっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 不規則な食生活によって胃の働きが弱まり、殺菌・解毒力が低下して毒性の残ったまま食べ物が体内に浸透してしまう。
  • 5大要素を入念に再確認する。

ビタミン・ミネラルというメンテナンス要素

また、栄養のバランスが偏ると、皮膚の健康が保てなくなる。特に、ニキビの予防改善に重要な役割を果たしているのがビタミン・ミネラル類だ。

 

ビタミンA

 

不足すると古い細胞がたまってしまう角化異常が起きやすくなり、皮脂も詰まりやすくなる。欠乏すると、皮膚や粘膜の角化不正常、肌荒れ(乾燥肌)、歯・骨の発育悪化、風邪をひきやすいという症状が起きやすい。下記などに多く含まれる。

 

ビタミンAを多く含む食材
  • レバー
  • あんきも
  • うなぎ
  • トマト
  • ニラ
  • かぼちゃ
  • ニンジン
  • ウナギ

 

 

ビタミンB群

 

不足すると皮脂分泌のコントロール機能が低下したり、皮膚の抵抗力も弱まってアクネ桿菌が増殖しやすくなる。便秘、むくみ、精神不安定、脱力感、敏感肌の原因ともなる。下記などに多く含まれる。

 

ビタミンB群を多く含む食材
  • レバー
  • 納豆
  • アーモンド
  • マイタケ
  • マグロの赤身
  • カツオ
  • サンマ
  • バナナ

 

 

ビタミンC

 

不足すると細胞の再生機能が低下したり、メラニンの増加が進んでシミができやすくなる。また、コラーゲンの増殖を促す作用があり、こうした作用が皮脂の分泌を抑制したり、コメドの発生を防いだり、炎症したニキビを沈静化させる。

 

自然治癒能力をた高める働きもある。細菌やウイルスと闘う白血球はビタミンCを多く必要とし、ビタミンCが不足すると感染症にかかりやすくなる。

 

ビタミンCを多く含む食材
  • ブロッコリー
  • 赤・黄ピーマン
  • ほうれん草
  • 柑橘類
  • イチゴ
  • のり
  • 菜の花

 

 

ビタミンE

 

強い抗酸化作用があり、ニキビの原因になる活性酸素の除去を手伝う。血行をよくし、シミ、シワ、肌の老化を防ぎ、細胞の働きを正常化させる等の働きがある。下記などに多く含まれる。

 

ビタミンEを多く含む食材
  • たらこ
  • モロヘイヤ
  • かぼちゃ
  • ピーナツ
  • さんま
  • すじこ

 

 

 

亜鉛

皮膚の再生を促す栄養素。下記などに多く含まれる。

 

亜鉛を多く含む食材
  • 牡蠣
  • 豚レバー
  • タラバガニ
  • パルメザンチーズ
  • 煮干し
  • 小麦胚芽

 

 

こうしたことを考えると、やはりビタミン類は積極的に摂取する必要がある。大雑把に考えて、

 

  • 糖質(炭水化物)=エネルギー
  • たんぱく質=筋肉・爪・髪の毛・皮膚等の材料
  • 脂質=保湿・予備エネルギー
  • ビタミン・ミネラル=メンテナンス

 

という図式を覚えたいわけだが、アスリートが筋肉増強の為に積極的にたんぱく質を摂取するように、やはり、メンテナンスフードを積極的に摂ることを心掛けることが、美容に役立つのだ。

先生

やっぱりビタミンやミネラルをたくさん摂取することが、基本的なメンテナンスだよね!だから、激しい運動をした人や、ニキビ等の肌荒れに悩む人、風邪を引いた人等の著しくメンテナンスが必要な状態にある人は、積極的にメンテナンスをしていく必要があるね!
大事っす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 各栄養素を含む食材を確認する。
  • ビタミン類は積極的に摂取する必要がある。

高カロリー、高脂肪の欧米食を過剰摂取すると

また、高カロリー、高脂肪の欧米食を過剰摂取することは、ニキビだけではない。

 

 

このようにして、ワキガや体臭、あるいはEDの原因にもなるし、様々な病気の要因にもなるので注意が必要だ。

 

 

私などはそうしたイレギュラーニキビが出来たときは、すぐに『チョコラBB』などのビタミンB2サプリメントを摂取するが、面白いくらい簡単に口内炎や吹出物が治っていく。軽い症状のときから、早めにそうしたメンテナンスの対策を取っていけば、大事に至る前に対処できるのである。

 

 

吹出物が出来た時に腹が立って、それを力づくで潰し、膿を出して回復させようとすると、なぜかなかなか膿が出ず、そのままそこが痕になったり、シミになったりして、逆に悪化してしまう。年を取るほどそうした自然治癒能力も下がってきてしまうので、力ではなく、知識でもってこれらに適した的確な対処をしていきたい。

 

また、口のまわりにニキビができやすい人は、『消化器系の不調』が考えれるので、下記などの消化のよいものや、

 

消化のよいもの
  • バナナ
  • ヨーグルト
  • おかゆ

 

 

下記のとような腸の掃除をしてくれる繊維質の多いものがいい。

 

繊維質
  • ごぼう
  • こんにゃく

 

 

便秘とニキビの関係性はあるか?皮脂の分泌と有害物質の排出』の記事で、食物繊維とそれが含まれる食物について記載した。

 

生理前になると、顎のあたりにニキビが出るという人は、ホルモンバランスを整える食べ物を食べたい。下記などの発酵食品や、

 

発酵食品
  • 納豆
  • 漬物

 

 

下記といった青背の魚がそれに該当する。

 

青背の魚
  • さば
  • いわし
  • さんま

 

 

ホルモンバランスについては、『ニキビの原因の一つはホルモンバランスの乱れ』の記事で理解を深めたい。

先生

欧米食を食べることの弊害は、様々な専門書で語られているよ!うつ病とか、薄毛とか、ワキガとか、口臭とかね!元々日本人には、日本人に合った食べ物があるんだ!例えば、『純潔の』ブラジル人は血液型はほぼ全員がO型らしいよ!
そうなると、確かになんか、人に合った食事がありそうすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 高カロリー、高脂肪の欧米食を過剰摂取することは、ニキビだけではなく、ワキガや体臭、あるいはEDの原因にもなるし、様々な病気の要因にもなるので注意が必要。
  • 口のまわりにニキビができやすい人は、『消化器系の不調』が考えれるので、消化のよいものや、腸の掃除をしてくれる繊維質の多いものがいい。
  • 生理前になると顎のあたりにニキビが出るという人は、発酵食品や、青背の魚といった、ホルモンバランスを整える食べ物を食べたい。