名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

竹村健一 名言/格言

竹村健一

 

竹村健一とは

日本政治評論家

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

竹村健一の言葉

 

『人間は誰だって劣等感を持っている。他人にひけ目を感じる部分を必ず持っている。事実は事実として、はっきりそう認めてしまえばいい。居直るのだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

遠藤周作は言う。『自分が弱虫であり、その弱さは芯の芯まで自分に付きまとっているのだ、という事実を認めることから、他人を見、社会を見、文学を読み、人生を考えることができる。』自分の芯の芯にまで、弱点、コンプレックス、トラウマが染みついているとなると、普通は、嫌気がさすし、悲観的になるし、目を覆いたくなる、

>>続きを見る

 

『人間が一つのことをやっていていやになるのは当たり前だ。』

 

カテゴリー:自己/精神

『仕事ができる人の脳、できない人の脳』には、脳には『脳番地』と呼ばれる番地があり、それはそれぞれ、

>>続きを見る

 

『見栄や気負いもなく、無欲恬淡に手当たり次第のことをやってきた。他人に笑われることを恐れなくなったおかげで、本当にいろいろなことができた。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『私は劣等感を肯定し、駄目な俺が失敗してもともとやという居直り精神から再出発した。小さなプライドを捨てた。見栄や気負いもなく、無欲恬淡に手当たり次第のことをやってきた。他人に笑われることを恐れなくなったおかげで、本当にいろいろなことができた。』

>>続きを見る

 

『人間が一つのことをやっていていやになるのは当たり前だ。』

 

カテゴリー:自己/精神

『失敗したら大変だという意識ばかりが先に立って、目の前にやりたいことがあっても、なかなか手を出せないということになる。見栄や外聞を気にしていても、それが通用しているうちはまだいい。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP