名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

大山倍達 名言/格言

大山倍達

 

大山倍達とは(画像

日本空手家通称『極真空手創始者』。大山倍達は、日本の空手家で国際空手道連盟総裁、さらに極真会館館長です。1923年7月27日生まれで元々は韓国人でしたが、1964年に日本国籍を取得して帰化しています。多くの武道家と交流し、空手家ではあるがさまざまな格闘技を研究しており、合気柔術やステッキ術、柔道やボクシングを学んでいたこともありました。『空手バカ一代』という漫画で主人公として描かれていたこともあり、多くの人が知る格闘家の一人です。

 

大山倍達の名言として「金を失うことは小さい事。しかし信用を失うことは大きい事。勇気を失うことは自分を失う事。」というものがあります。格闘家として肉体の強さだけではなく、精神面の強さも重要であることが伝わってきます。

 

 

スポンサーリンク

 

大山倍達の言葉

 

『勝つ、負けるは別にして、大山空手は後ろを見せない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『牛殺しの空手家』の異名を持つ大山。だが、大山の生き方は『師・力道山を愚弄するもの』、『邪拳』、と揶揄されることも多かった。

>>続きを見る

 

『心にゆとりを持って人に対すれば、笑顔一つで味方がつき、敵を呑む。』

 

カテゴリー:自己/精神

自分に『無敵のバリア』さえあれば、一切の外部要因に影響されて、要素が変わることは無い。

>>続きを見る

 

『やり直しのきかぬ生命だから、精一杯生きることに全力を尽くせ!』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

私が常々言っていることだ。『我々が生きているのはたった一度の人生だ。二度や三度あるものではない。

>>続きを見る

 

『特技とは個性と実力の証明だ!世界中に通用する身分証明書だよ。』

 

カテゴリー:自己/精神

道教の創案者、老子は言った。『その長ずる所を尊び、その短なる所を忘る。』人間にはそれぞれ、得手不得手というものがあるのだ。

>>続きを見る

 

『特技を磨くとは自分を磨くことだ。自分を磨くことは自信を磨くことだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

『武器』だ。ここに一つの武器があって、その武器は自分にとって、とても扱いやすい。いろいろと試したが、その武器やどうやら一番自分に合っているらしい。相性がいいのだ。

>>続きを見る

 

『何のために強くなるか?それは自分に打ち勝つためであり、義を通すためであり、人を導くためである。』

 

カテゴリー:自己/精神

いや、ただ一言、『男だから』だ。女は、自分への美の追求をやめないだろう。お洒落をするし、化粧をするし、ショッピングを楽しみ、美容に力を入れる。それと同じだ。全く同じことだ。

>>続きを見る

 

『出る杭は、打たれるものである。それが嫌なら、何もしないことだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

私は6年前に友人の為に創った小冊子の中に、同じことを書いた。『ぜひ意見を言ってほしい。言わなければ認められることは無いし、否定されることも無い。』

>>続きを見る

 

『体の坐りが悪いと、顔の据わりも悪い。それは、自信と集中に欠けている証拠だ。』

 

カテゴリー:自己/精神

私は10代前半の頃と、20代を過ぎてからでは顔つきが違う。それは簡単である。その前に、10代前半の頃と、5歳以下とを比べればいいのだ。もう、顔つきも何もない。意志や意識がほとんどないのだ。

>>続きを見る

 

『侍は刀を常に磨いてさやの中におさめておく。抜かない。抜かないところに侍の価値がある。』

 

カテゴリー:自己/精神

『孫子の兵法』の極意の解釈を、『戦わずして勝つ』としている人間が、あまりにも多すぎる。しかし、多いからという理由で、それが=正しいという図式は成り立たない。

>>続きを見る

 

『道端で靴を踏んだ肩が触れたら君たちが頭を下げればいいよ。頭を下げてケンカを売ってくる人はいないよ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

しかし、その境地に辿り着くまでに、男が通る道のりは険しい。いや、『険しい』というか、『平たんではない』という方が正しい。『険しい』というのは人間の心が捻出するその場への『感想』であって、別に茨のような道を『簡単だ』という人もいるわけだから、別にそう言う必要はない。

>>続きを見る

 

『頭は低く、目は高く、口慎んで、心広く、孝を原点とし他を益する。』

 

カテゴリー:知性/知恵

この言葉、ある場所に貼ってあったのを見てからもうすぐ10年が経つが、今日、大山倍達の言葉を内省していた時に再会することになった。

>>続きを見る

 

『右手がダメになったら左手を使え。手がダメになったら右足を使え。右足がダメになったら左足を使え。それがダメになったら頭を使えよ。それでもダメだったら呪ってでも倒せ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

最後に残っているものに着目するべきである。それは『意志』だ。それが全ての根源であり、コックピットなのだ。それが左足を動かし、右足を動かし、左手を動かし、右手を動かすのだ。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP