名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

永井荷風 名言/格言

永井荷風

 

永井荷風とは(画像

日本作家。生誕1879年。永井荷風は、1879年に東京で生まれました。父・永井久一郎は、ボストン大学やプリンストン大学に留学経験があり、文部省、内務省、帝国大学などに勤めたエリートでした。少年時代から文学に親しんでいましたが、父の意向を汲むためにアメリカで事業を学んだもののなじめず、フランスへと単独渡航します。彼の地で上田敏と知り合い、ドビュッシーやリヒャルト・シュトラウスの音楽を知り、帰国後、『あめりか物語』『ふらんす物語』を発表します。その後、日本の表面的な近代化に反発して江戸趣味に回帰し、反俗的な文明批評を終生繰り広げました。他の代表作に『ぼく東綺譚』『断腸亭日乗』などがあります。

 

「日本人は三十の声を聞くと青春の時期が過ぎてしまったように云うけれど、情熱さえあれば人間は一生涯青春で居られる」と語る荷風は、80歳で死ぬまでストリップを愛し、カツ丼を食らい、青春を謳歌し続けました。

 

 

スポンサーリンク

 

永井荷風の言葉

 

『ぼくは自分のやりたいことはドンドンやって楽しむ。楽しんだことは後で後悔しない。』

 

カテゴリー:人生/生死

2回した結婚はすぐに離婚。だが、色々と人生を楽しむことに徹した荷風のこの言葉は、的を射ているのか、倫理から外れているのか、即答できない。

>>続きを見る

 

『自覚さえすればどんな生活にだって深い意味が出来る。』

 

カテゴリー:人生/生死

つまり『自覚があるかないか』が最大のポイントである。例えば夢遊病の様なイメージで、意識を失って町中を歩き回るとする。

>>続きを見る

 

『詭弁はよしたまえ。つまらんパラドックスは自分で自分を不幸にするようなものだ。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

パラドックスとは、『逆説』という意味である。無知なのに、知者のフリをして見栄を張る。五体満足に恵まれているのに、悲劇のヒーロー・ヒロインだと思い込む。

>>続きを見る

 

『日本人は三十の声を聞くと青春の時期が過ぎてしまったように云うけれども、情熱さえあれば人間は一生涯青春で居られる。』

 

カテゴリー:人生/生死

ユダヤの諺にこういうものがある。『柔軟性を持っている者は、いくら年をとっても若い者だ。』日清食品創業者、安藤百福は、

>>続きを見る

 

『世間のつまらぬ不平や不愉快を忘れるには学問に遊ぶのが第一の方法である。』

 

カテゴリー:人生/生死

私もとても不平不満を感じるタイプだ。それだけ繊細であり、アンテナを張り巡らせている証拠だ。

>>続きを見る

 

『愛することは、憎むことを知る始めである』

 

カテゴリー:教育/愛情

しかし、それは愛への曲解である。『愛=与えるもの』であり、『奪いたい』のであれば、それは『恋』だ。

>>続きを見る

 

『人間の最大不幸は、其(そ)の成功を意識した瞬間から始まる』

 

カテゴリー:不幸/失敗

人間の最大の不幸は、その成功を意識した瞬間から始まる。つまり、『成功』などというものを目指した瞬間に、この世のどこかに『敗者』が現れることになる。『勝者』と『敗者』だ。

>>続きを見る

 

『子供の楽しみに対する敵はいつでも父か教師である。』

 

カテゴリー:人生/生死

『子供が認識している楽しみ』を、『大人も認める楽しみ』に昇華させるのが、厳しさを教える立場にある、それらの人物である。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP