『ヒト』を最適化しよう。

『全シーン描くチャレンジ』の際に必要な著作権への配慮と敬意

 

全シーン描くチャレンジ

現在、各Twitter(Artジブリ)で投稿しているイラスト企画『全シーン描くチャレンジ』は、原作の著作権に違反しないように留意して行う必要があります。その為、イラストやセリフでは全容を把握できないようにし、あくまでも『大枠』だけを描きます。著作権を守る為全容はぜひ原作でお楽しみください!

 

また当企画は『原作への敬意とその宣伝』という形で進めますが、もちろん著作者様からご指摘があった場合は即終了する覚悟で進めております。そうなっても、また違う形でこれらのイラストを描き続けます。私はこれらの作品が大好きだからです。

 

 

公式アイテムについて

これらの作品は基本、漫画作品であり、漫画がまず第一の公式アイテムとなります。また、アニメとしての映像作品も同様に、公式の放送となります。動画配信サービスはいくつかありますが、基本的には

 

  1. Amazonプライム
  2. U-next

 

がいい。例えばU-nextなら鬼滅、DB、ワンピ、銀魂、ジョジョといった作品のほとんどがアニメとして観れますし、電子書籍として漫画も観ることができます。

 

 

原作者の紹介

 

例えば、『陸海空地球征服するなんて』というテレビ番組の『22の国と地域の現地人2万人以上から調査した日本人の知名度ランキングにおいて、海外で有名な日本人ラキングの上位10位以上に、この3人がいます。

 

  • 2位:宮崎駿
  • 5位:鳥山明
  • 7位:尾田栄一郎

 

さすが、世界の宮崎駿は圧倒的な存在ですね!それで言うと、『世界のクロサワ』こと黒澤明もTOP10にランクインしています。『ドラゴンボール』の世界的人気は群を抜いていて、鳥山明が連載をやめてもう25年経っているというのに、未だに世界中に根強いファンがいます。

 

また『ワンピース』は、「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定されています。特に67巻は日本国内出版史上最高記録となる初版405万部を発行していて、今も尚日本一の漫画の地位を貫き続けています。

 

そして『鬼滅の刃』は、映画『無限列車』でとうとう日本映画界の記録を塗り替えました。長い間圧倒的な1位の座に輝いていた『千と千尋の神隠し』を大幅に超え、興行収入377億円(2021年2月)という偉業を達成。飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進し続け、2021年2月には、ついに『アニメ第2期』の放送が決定。今後、益々この作品から目を離せません!

 

 

 

運営者は何が一番好き?

運営者というのは私のことですが、私は全部好きです。最下部に私がワンピースとジブリをどれだけ愛しているかの記事を載せましたが、私は『ある部分において』はドラゴンボールを超えられる作品は今後現れないと考えているほどこの作品にのめりこみました。

 

ワンピースの作者、尾田栄一郎は「クルミわり人形とネズミの王さま展」というジブリ美術館の展示の特集で、こう答えています。

僕は世の中にある物語で、「風の谷のナウシカ」と「天空の城ラピュタ」は2時間モノの作品では誰にも超えられないと思ってるんです。それぐらいパーフェクトなお話なんですよ。あれを作っちゃったら、もう自分でも超える意味がなくなると思う。(略) 宮崎さんは、一生かけても時間がないくらい、描き切れないほどの映像を頭のなかに持っているんだと思うんですよ。なのに、なんでもつじつまを合わせなきゃいけないとなると、描きたいものを削らなきゃいけなくなる。

 

だから、宮崎さんは、もうそれをしたくないんだ。つじつまが合わなくてもいいから、描きたいものはみんな描くんだという気持ちがある。そういう積み重ねが「千と千尋」以降の映画だったと思うです。(『熱風』7月号 尾田栄一郎「僕は宮崎さんの絵を見られるのがうれしい」)

 

彼もまたドラゴンボールに強い影響を受け、同じくらいジブリ作品に深い感銘を受けた人物の一人です。

 

鬼滅の刃ですが、私は基本人に流される人間ではありません。何しろ、一切の宗教が関係した冠婚葬祭に行かない人間ですからね。妹がキリスト教式で結婚式を挙げたとき、私は当然、行きませんでした。これくらい筋金入りの無宗教者であり、人に合わせて唯一無二の人生を無駄にすることはしないと覚悟して生きています。

 

MEMO
妹とは仲が良いのでご安心!

 

その私ですから、決してこの流れに流されているのではない。私はこの作品をシンプルに

 

面白い!

 

と思った。だから私はこの作品を描きたい。もちろん、その背景には『多くの人がこの作品に惹かれているこの時代で、この作品の絵を描くことはその多くの人達にちょっとした娯楽を与えられる』という事実と、『スターウォーズ』の最新作がやるとなったとき、その世界的な盛り上がりを一緒に体験して人生を楽しみたいと思ったように、この、今最も勢いがある漫画に触れ、この時代の大きなうねりを体験したいと思う気持ちがあることも間違いありません。

 

 

公式アイテムや動画配信サービス

それでは、各作品の原作が見れる公式のアイテムや動画配信サービスを紹介しましょう!

 

『鬼滅の刃』

 

現在投稿している『鬼滅の刃』関連の公式アイテムや動画配信サービスを紹介いたします。

 

 

 

Amazonプライムで見る

U-NEXTで見る

 

 

 

『ドラゴンボール』

 

現在投稿している『ドラゴンボール』関連の公式アイテムや動画配信サービスを紹介いたします。

 

 

Amazonプライムで見る

U-NEXTで見る

 

『ワンピース』

 

現在投稿している『ワンピース』関連の公式アイテムや動画配信サービスを紹介いたします。

 

 

 

 

U-NEXTで見る

 

 

『スタジオジブリ』

 

現在投稿している『ジブリ作品』のブルーレイを紹介いたします。

 

 

現在投稿している『ジブリ作品』関連の公式アイテムを紹介いたします。

 

 

Book:info

ジス・イズ・アニメーションシリーズは、絵本でアニメ版の作品を楽しめるというもの。ですから、例えばテレビのない環境や、どうしても出先などで観たい場合、あるいは映像作品を観る前に子供に見せ、ボルテージを上げる、などという楽しみがあるかもしれません!

 

 

 

Book:info

ジス・イズ・アニメーションは全容が書かれていないのですが、絵コンテは全容が書いてあります。セリフも全部映像作品と同じです。更に、ここでしか観られないジブリの秘密も。例えば『紅の豚』の例のあのエンジンの文字。『GHIBLI』?それは映像作品ですよね・・

 

関連リンク

下記のページでは、私がどれだけこれらの作品を愛しているかをまとめました。

 

Art(イラスト等)系コンテンツ紹介ページ 私を『ワンピース』と本気で向き合わせたのは、エースという熱い男の言葉だった。 私の人生は、いつでもジブリがいっぱいだった。