『ヒト』を最適化しよう。

ワキガで服が黄ばむ原因は?洗濯と予防の方法を知っておこう!

シミをつける前の予防として出来ること

シミをつける前の予防としては、

 

  • こまめに洗濯をする
  • 常に清潔に保つ
  • 汗をかかないようにする
  • 黒いアンダーウェアをつける
  • 汗ワキパットを使う
  • アポクリン汗腺を切除する

 

というポイントを押さえる必要があります。

 

こまめに洗濯をする

これについては今書きましたね。

 

 

常に清潔に保つ

これは定期的にシャワーに入ったり、汗をよくふき取ればいいということですね。

 

『ワキガ・多汗症治療の最前線』にはこうあります。

何と言っても清潔が一番です。

 

(省略)入浴したりシャワーを浴びることによって、一時的なものではありますが汗や皮脂といったワキガの原因物質を除くことができますし、またわき毛を手入れすることによって細菌の繁殖を抑えることにもなります。また、後程触れますが、デオドラント剤の使用効果を高めることにもつながります。

 

脱毛は、かみそりで毛の根本にいる雑菌ごと剃ったり、毛抜きで根本から抜く以外に、脱毛クリームも効果的です。有効成分が毛穴にまで入り込み、雑菌の繁殖を抑制します。また、入浴やシャワーのときに使う石鹸も、除菌効果の高い薬用せっけんにしてみるのもお勧めです。

 

  • シャワーを浴びる
  • 入浴する
  • わき毛を剃る
  • デオドラント剤を使用する
  • 除菌効果の高い薬用せっけんを使用する

 

等のケアをすることによって、清潔さを保つことができます。よく銭湯に行く人は思い出してみてください。お風呂場でワキガのニオイに悩まされることがない、という事実を。お風呂で身体を洗い、汗を洗い流せば、一時的にワキガの人であってもニオイは消滅するのです。

 

ということは、常に身体を清潔に保つことができれば、ワキガも黄色い汗ジミも、対策できるということなんですね。また、わき毛に関しては下記の記事をご覧ください。

 

 

 

汗をかかないようにする

それがこの問題にも関係してきます。ただし、それはなかなか難しいことです。人間は汗をかく動物ですからね。人間以外にも動物は汗をかき、体温調節をしているのです。

 

しかし、『無駄に汗をかかないようにする』ことは心がけたいんですね。例えば下記の記事に書いたように、冬場の対策です。

 

 

  • 厚着
  • 暖房

 

等の問題を最適化すれば、汗を無駄にかかないですみます。また、そのアンダーウェアとして、例えばユニクロの『エアリズム』のような絹のような素材で出来たものを着れば、汗をかいてもサラサラした着心地を維持できます。

 

また、精神的な発汗に関しては、心の最適化が求められます。ワキガ体質の人は、緊張して精神的に追い込まれると発汗しやすい傾向にあります。しかし、だとしたらその考え方が改善され、メンタルが強くなれば、無駄な汗をかかなくなります。

 

 

下記の記事を参考にしながら、心のトレーニングをしましょう。

 

 

記事にも書いたように、たとえば人が緊張して『手に汗を握る』のは、むしろ好ましい現象なのです。それがわかればその汗を感じて、より緊張して、焦り、汗をかくことはなくなるわけです。

 

よし。身体は味方モードだ!

 

と思えれば心強くなり、冷静さを取り戻すわけですね。人間の発汗とメンタルトレーニングは密接に関係していると言っていいでしょう。

 

黒いアンダーウェアをつける

先ほど出た『黒いエアリズム』を着れば、黄色い汗ジミは目立ちませんからね。着心地もとてもよく、『汗ワキパッド』のようなものを装着するよりも合理的だと考えられます。

 

 

正直私はスーツ時代、シャツの下にこの手のアイテムを使用したことがありましたが、なんだか違和感があって、意識してしまい、逆にワキから汗が出てしまったり、あまり効果を感じませんでしたね。

 

ただまあそれは人それぞれです。私の場合は鍛えているので、わきの間隔がとても狭いんです。そういうことも大きく影響しているでしょうから、人によってはこれらのアイテムでも解決する場合があります。ただし、『黒いエアリズム』を着た方が、

 

  • 着心地のよさ
  • シミ対策

 

の2つを解決できますのでお勧めですね。