名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

他力

41J6DS0PVWL._SL500_AA300_.jpg

■著者:五木寛之


著者は言う。

---------------

『人事を尽くすは、これ天命なり。と私は勝手な読み方をしています。<天命>を<他力>の意味に受け止めるのです。死に物狂いで人事を尽くそうと決意し、それをやりとげる。それこそ<他力>の後押しが無ければできないことです。

そう考えれば、自分が<自力>にこだわるのが滑稽にさえ思えてきたのでした。

---------------

 

なるほど例えば、『天命』の他にも『運命』や『試練』や『ノルマ』や『使命』などがあり、私も常々それらの力強いエネルギーについて考えているが、著者の言う様に『それ=他力』だと考えるのは、うなづける。

 

まるでそれらは、『もう一つの意志』。自分が歩くべき道を逸れようと思ったとき、『それら』が軌道を修正する。

 

『「一体どれだけ努力すればよいか」という人があるが、 「君は一体人生を何だと思うか」と反問したい。 努力して、創造していく間こそ、人生なのである。』

by御木徳近

 

自信を無くしたり、あるいは過信したりするのが人間。そんなときに、<他力>の概念を知ることは、とても力強い効果を発揮する。

 

 

 

 


[初読年齢 31歳]

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)


他力

スポンサーリンク

広告

 

↑ PAGE TOP