Contents|目次

『ラブソングができるまで』 レビュー(感想)と考察

『ラブソングができるまで』

ポスター画像出典:『ヤフー映画

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

ここまで来るとヒューグラントは、『どんな女優とラブコメするか』というメグライアンさながらの帝王ぶりである。さすが、メグ・ライアン(「ロマンティック・コメディの女王」)に対して、「ロマンティック・コメディの帝王」と呼ばれただけある。

 

ノッティングヒルの恋人』ではジュリアロバーツ、『ラブ・アクチュアリー』ではマルティンマカッチョン、『トゥー・ウィークス・ノーティス』ではサンドラブロックと共演し、そのどれもが納得のいく物語を作ってくれている。

 

オーウェンウィルソンなどもそうなのだが、男からしてあまり好みではない顔つきというものがある。男は基本、雄々しい人間に興味を持つからだ。だが、オーウェンも彼も、男受けしづらい容姿をしているのに、そんな偏った私のような男が演技を観ても、納得してしまう実力を持っているのだ。こういうケースの場合、確実に実力がある。

 

今回はドリューバリモアがヒロインだが、やはりはまっている。誰とラブコメをしても上手いことやってしまうのだからすごい。こうして私が自然に感想を抱くように、他の人も大勢そう思うからこそ、帝王と呼ばれるのだろう。しかも私はラブコメに興味はないのである。前述したように、偏った男だからだ。そんな人間に認めさせるのだからすごい。

 

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『カリフォルニア』 レビュー(感想)と考察 『グローリー』 レビュー(感想)と考察 『アイデンティティー』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS