名言を自分のものにする

広告

 

> > >  >

 

ゲーテ 名言/格言(4ページ目)

 

 

『気前がよければ、人から好意を受ける。とくに気前のよさが謙遜を伴う場合に。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『慇懃無礼(いんぎんぶれい)』とは、表面では敬語を使って、さも敬っている様に見えるが、よく観察すると、どう考えても『敬語を使っているだけ』で、嫌みが混じっていたり、見下していたりする、

>>続きを見る

 

『すべての人間が、自由を得るや、その欠点を発揮する。強い者は度を超え、弱い者は怠ける。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『いかに多くの富を有するか、自慢する者が居ても、いかに使うが分かるまで、彼を、誉めてはならない。』

>>続きを見る

 

『豊かさは、節度の中にある。』

 

カテゴリー:知性/知恵

節度を守らないという状況を思い浮かべた時、『羽目を外す』という状態を想像できるだろう。

>>続きを見る

 

『支配したり服従したりしないで、それでいて何者かであり得る人だけが、本当に幸福であり、偉大なのだ。』

 

カテゴリー:成功/幸福

『世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。また、自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい。だが悟りを開いた人間とは、群集の真っ只中にありながらも、自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間である。』

>>続きを見る

 

『我々は、無常なものを無常でなくすためにこそ存在しているのだ。』

 

カテゴリー:人生/生死

『ものごとの無常について仰々しくしゃべりたて、現世の空しさの考察にふける人々を私は哀れむ。我々は、無常なものを無常でなくすためにこそ存在しているのだ。それは、両者を尊重することを知って初めて可能になる。』

>>続きを見る

 

『真の弟子は、知られたものから知られざるものを発展させることを学び、かくして師に近づく。』

 

カテゴリー:教育/愛情

知られたもの=既に出きっているもの。知られざるもの=未だに出ていないもの。『既存』と『新規』。『周知の事実』と『新たなる見解』。

>>続きを見る

 

『常に時間はたっぷりある。うまく使いさえすれば。』

 

カテゴリー:時間/運命

イギリスの博愛主義者、チャールズ・バクストンは言った。『何をするにも時間は見つからないだろう。時間が欲しければ自分で作ることだ。』

>>続きを見る

 

『若い友人たちにいくらすすめても足りないと思うのは、自己省察を学ぶことです。』

 

カテゴリー:自己/精神

『若い友人たちにいくらすすめても足りないと思うのは、自己省察を学ぶことです。 詩の言葉をあやつることがいくらか容易になっても、それに伴って、内容にますます重さを加えるべきことを忘れてはならないからです。詩の内容は、自分の生命の内容に他ならないのです。』

>>続きを見る

 

『芸術家は内面から制作に向かわなければならない。』

 

カテゴリー:自己/精神

『人間は内面から生きなければならない。芸術家は内面から制作に向かわなければならない。人間も芸術家も、たとえどのように振舞おうと自分の個性を打ち出してゆく他はない。

>>続きを見る

 

『愛する人の欠点を美点と思わない人間は、その人を愛しているのではない。』

 

カテゴリー:教育/愛情

『与える』ということは、その人物に対して最大の敬意を払い、思想、服装、体型、趣味といった一切を尊重する心構えだ。『自由』にしてもらうことが、『愛』ということになる。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP