名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

マイルス・デイビス 名言/格言

マイルス・デイビス

 

マイルス・デューイ・デイヴィス三世とは(画像

アメリカジャズトランペット奏者。生誕1926年通称『ジャズの帝王』。日本ではジャズの帝王とも称されるマイルス・デイビスですが、その音楽性は伝統的なジャズにとどまらず、ブルース、ロック、ファンク、クラシック、ヒップホップをも採り入れたジャンルを超えた世界を築いています。「俺の音楽をジャズと呼ぶな」という言葉からもその気概が窺えるように、実際、狭義のジャズを軽々と飛び越え、音楽史をも塗り替えた偉大な音楽家です。

 

また、人種差別問題に対する鋭い批判でも知られ、「白人によるアメリカ」を嫌悪していました。一方で、初期のアルバム「クールの誕生」にジェリー・マリガンやリー・ニコッツら白人ミュージシャンを起用したことに黒人のファンから多くの批判が浴びせられた時には、「肌の色が紫で火を噴く奴だろうと、いいプレイをするなら雇う」と答えています。音楽性の追求のためには、人種など彼にとっては関係のないことでした。

 

 

スポンサーリンク

 

マイルス・デイビスの言葉

 

『創造し続けようと思う人間には、変化しかあり得ない。人生は変化であり、挑戦だ。』

 

カテゴリー:人生/生死

常に革新的に、変化を追求し続けたマイルス。周りがどうだとか、流行がどうだとか、そういう考え方で、彼はトランペットを吹かない。

>>続きを見る

 

『向こうに利用されていると感じたら、逃げるが勝ちだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

利用されていると感じたときは、選択肢がいくつかある。そのまま利用されるか、微動だにしないか、逆撫でして仕返しをするか、そして逃げるか、である。

>>続きを見る

 

『“ジャズ”は白人に媚びへつらう黒人の言葉だ。使うのをやめるべきだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

ヨルタモリ』で、『ジャズというジャンルはない。ジャズな人がいるだけ。』 と言ったが、周りの人はきょとんとしていてそれ以上話を発展させられないが、私はとても深い意味があると思って耳を傾けていた。

>>続きを見る

 

『演奏にエゴがあると、(バンドの演奏は)うまくいかない。たぶん誰かの女房が来る場合だろう。』

 

カテゴリー:知性/知恵

以前と同じく、今回のマイルス・デイビスの言葉を考えていた時、タモリの事を思い浮かべている自分がいた。

>>続きを見る

 

『同じフィールズでも、分野(fields)でなく感覚(feels)を変えなきゃだめだ。重心を変える必要があるんだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

経営の神、松下幸之助はこう言い、『誰も使っていないということは、無限の市場があることだ。』セブンアイホールディングス会長、鈴木敏文はこう言った。

>>続きを見る

 

『俺たちは見世物じゃない。演奏を聴かせるだけだ。オレは観客ではなく音楽に溺れているのさ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

マイルス・デイビスのことについて、以前書いたこの記事に、『演奏にエゴがあると、(バンドの演奏は)うまくいかない。たぶん誰かの女房が来る場合だろう。』

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP