『後悔したくない方』はこちら

あがり症の理由の一つ『相手に気に入られたいという思い』

どうしてあがり症になるの?

あがり症の理由の一つに『相手に気に入られたいという思い』があります。

先生

相手に気に入られたいと思えば、人は見栄を張ったり、調子を合わせたり、取り繕ったりするね!だけど、その行為は本当に正しいのかな?
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

『理想が高い』?『自意識過剰』?

あがり症の理由の一つ『相手に気に入られたいという思い』

 

 

と併せて考えていきたい。『他人がこわい あがり症・内気・社会恐怖の心理学』(紀伊国屋書店)にはこうある。

私たちは、『相手に気に入られたい、でも気に入られないかもしれない』と思った時に『社会不安』を感じている。だからこそ、会社の面接試験を受ける人は、試験官に、

『有能な人材だと思われたい』

 

と思うがゆえにあがってしまい、パーティに参加する人は、

『みんなに教養がある人間だと思われたい』

 

と思うがゆえに気後れを感じ、年頃の男性は、

『好きな人にやさしくて素敵な男だと思われたい』

 

と考えるがゆえに胸がドキドキしてしまうのである。言い換えれば社会不安は、そこに『果たすべき使命』があるからこそ感じるのだ。

 

しかし、果たして本当にそうなのだろうか。と疑問に感じるケースもある。例えば、商店で買い物をするのに物おじしてしまう主婦や、テラス席に人がたくさん座っているカフェの前を通るのにぎくしゃくしてしまう男性や、人前で字を書くとペンを持つ手が震えてしまう女性などは、いったいどんな『果たすべき使命』を抱えているのだろう?

 

 

確かに一見したところ、何もないように見えるかもしれない。だが、実はそこにも他人に『感じの良い人だと思われたい』、『変な人だと思われたくない』などの、ひそやかではあるけれどれっきとした『果たすべき使命』が隠されているのだ。

 

結局のところ、すべての社会不安の根底には、『他人に高く評価されたい』、『他人に気に入られたい』という思いが秘められている。そして社会不安を感じる人たちは、その『クリアすべき基準』を非常に高いレベルに設定していることが多い。

 

要するに彼らにとっては、自分のあるべき姿、つまり自己イメージの理想が高すぎるのだ。だからこそ、目の前に置かれた高いハードルにプレッシャーを感じ、大事な場面でいつも通りの行動がとれなくなってしまうのである。

 

上記リンク先の記事と併せて考えればわかるが、『理想が高い』というよりは、『自意識過剰』なのである。理想が高いと言った方が、本人たちの慰めになるかもしれないが、傍から見れば後者だ。

 

先生

理想が高い、自意識過剰、そのどちらが当てはまるかは人によって違うだろうね!だけど僕は、自意識過剰の印象が強いけどなあ!理想が高い人の中には別に人目を気にしない人もいるからね!ブッダや孔子のような人格者を目指す人とかさ!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • あがり症の理由の一つは、『理想が高い』というよりは、『自意識過剰』。

明日にはもう顔も忘れている他人

私の部下の場合などは、もう10年も見ているから私には言う権利は多少はあるはずだが、彼の場合は完全に自意識過剰である。記事には、

 

そもそも、女性の前で強気に出て、少し粗暴な態度を取ること=男らしい、思っている時点で認知の歪みが起きていることを思い知る必要がある。

 

と書いているが、まさにそこから彼の本性がうかがえるはずである。私が部下によく言っているのはこうだ。

 

お前、何であんな『明日にはお前の顔も忘れてる』ような通りすがりの女性の目を気にして、行動を支配されてんだよ。それよりもお前、俺なんてお前の上司で、会社がつぶれないなら一生近くにいるんだぞ?その俺の前で、よくもまあああした浮ついた行動がとれるよなあ?

 

ナンパするわけでもない。相手がカップルの場合もある。お前のことなんて視野にも入っていないかもしれない中で、なんでお前はそんなに自意識過剰に人目を気にしていつもとは違う行動を取るんだ?

 

そこにあるのは見栄だ。見栄とは、『実際以上によく見せかける』という意味だ。お前は、実際を隠蔽し、実際以上の『人格B』を演じ、それを人に見せているわけだが、残念ながらその人格Bですら、周りには魅力的に映らないらしい。

 

かつて、10代の頃にパチンコ屋で大人の女性に逆ナンされ、性行為をしたことも手伝って、お前はそのような『誘導型』の女々しい人間になった。

 

女は、リードしてほしいんだ。お前はもう10代のうぶな少年ではないのだ。金もない。これといった特技も無いし、仕事ぶりも抜群ではない。一体お前は何をやっているんだ。一分でも早く地に足を付け、自分の人生を生きろ。』

 

先生

正直、『明日には顔も忘れてる』ような通りすがりの人から、どう見られるか、何と言われるかを気にする人は、自意識過剰だと思うけどね!その人はこっちのことを、単なる『流れる景色の一つ』としか認識していないはずだから!
そう考えると、それを気にしちゃうってちょっとヘンっすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 女性の前で強気に出て、少し粗暴な態度を取ること=男らしい、思っている時点で認知の歪みが起きている。

そもそも他人が自分に注目すると思っていることが間違い

彼はそのように、大勢の人がいる場面、

 

  • レストラン
  • 大型ショッピングモール
  • 商業施設
  • ゲームセンター
  • クラブ
  • 観光地

 

などに行き、自分のターゲットとなる層の女性がいると、決まって態度に異変が起きる。それはまあ、年頃の男女にならよくあることだ。彼に限った話ではない。だが、指導を受けて10年間という時間、全く変わらないのはまずい。

 

 

10代、20代ではないのだ。30代なのだ。私は彼を10代から知っているが、10代の頃は何一つその様な注意をすることはなかった。年相応だからだ。だが、年齢を重ねるにつれ、その様な態度が改善されないのはまずい。その男であり大人の責任を指導するのは、指導者の責務なのである。

 

ある日、私はプリクラのような覆い隠すゲーム機の中に入って、

 

うおおおおおお!

 

と大声を発した。外にはゲームセンターがあって、もちろん近くにいる人にはその声が聞こえるかもしれないが、遠くなるほど他のゲームの音でそんな声もかき消される状況があるわけだ。

 

私は、彼の精神的指導の一環で、『お前も言え』と言うと、なんとまあか細い声で、

 

…う、うおぉぉ

 

という、『普段私と二人で運動をしている時と比べて、間違いなくか細く、人目を気にした女々しい声』を出した。

 

 

私は言った。

 

お前のことなんて誰も見てねえんだよ。どちらかと言えば派手なのは俺の方だよ。だが、そんな俺だって、別に大して見てねえんだよ。お前、自意識過剰なんだよ。

 

あがり症の理由の一つ『相手に気に入られたいという思い』。

 

だがもしかしたらその『相手』は、他の人のことを好きになりたいと思っているのかもしれない。だとしたらそこにあるのは独りよがりの過剰な自意識だ。それが原因であがり症になるということなど、もってのほかなのかもしれない。

 

先生

自分、自分、自分っていう認識が強いほど、こういう状態に陥ることになるね!視野が狭いっていうか、人なんて最後には結局死ぬんだから、死ぬときに振り返って、『あの通りすがりの人の評価を気にして取り繕ってよかった!』とは絶対にならないよ!
そう考えるとあがり症っていうのは、単なるエゴイストかもしれないっすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 死ぬときに振り返って、『あの通りすがりの人の評価を気にして取り繕ってよかった!』とは絶対にならない。