『ヒト』を最適化しよう。

突然に居眠りしてしまう『ナルコレプシー』の原因と対策とは?

睡眠障害は27種類ある

睡眠障害にはたくさん種類があり、『内在因性睡眠障害』と『外在因性睡眠障害』で、合計27種類あると考えられています。ナルコレプシーはそのうち、内在因性睡眠障害の一つです。

 

内在因性睡眠障害

  1. 精神生理性不眠症
  2. 睡眠状態誤認
  3. 突発性不眠症
  4. ナルコレプシー
  5. 反復性過眠症
  6. 突発性過眠症
  7. 外傷後過眠症
  8. 閉塞性睡眠時無呼吸症候群
  9. 中枢性睡眠時無呼吸症候群
  10. 中枢性肺胞低換気症候群
  11. 周期性四肢運動障害
  12. むずむず脚症候群
  13. 特定不能の内在因性睡眠障害

 

 

外在因性睡眠障害

  1. 不適切な睡眠衛生
  2. 環境因性睡眠障害
  3. 高所不眠症
  4. 適応睡眠障害
  5. 睡眠不足症候群
  6. しつけ不足睡眠障害
  7. 睡眠開始随伴障害
  8. 食物アレルギー性不眠
  9. 夜間摂食(水分摂取)症候群
  10. 睡眠薬依存睡眠障害
  11. 刺激剤依存睡眠障害
  12. アルコール依存睡眠障害
  13. 毒物起因睡眠障害
  14. 特定不能の外在因性睡眠障害

 

 

先生

本当に急にステンと寝転んじゃうから、フルフェイスじゃないと危ないっていうパターンもあるよ!
うーむ!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. ナルコレプシーは、27種類ある睡眠障害のうち、内在因性睡眠障害の一つである。

 

ナルコレプシーとは

『図解雑学 睡眠のしくみ』にはこうあります。

ナルコレプシー

突然、強烈な眠気に襲われる過眠症の代表的な疾患

内在因性睡眠障害の中でも特殊なケースとして知られているのが、俗に『居眠り病』ともいわれる『ナルコレプシー』である。日中に突然強烈な眠気に襲われ、数分から十数分眠ってしまう疾患のため、病気を理解していない人からは『怠け者』とか『だらしがない』といった不当な評価を受けてしまうこともある困った病気である。

 

よく、寝坊したり居眠りしてしまう人がいますが、それはこのナルコレプシーとは比になるものではありません。ナルコレプシーの人は道端で歩いていても急に眠ってしまうこともあり、そのため、ヘルメットを被って歩くこともあるのです。つまり、そのまま地面にパタリと倒れてしまって頭を打たないように、そうしているのです。

 

ナルコレプシーの概要

  • 内在因性睡眠障害の一つ
  • 日中に突然強烈な眠気に襲われ、数分から十数分眠ってしまう
  • 1万人に3~15人程度の発症率
  • 10代(14~16歳)~30歳に集中している

 

原因

その原因ですが、長くは謎に満ちた遺伝病だと考えらえていましたが、1999年に視床下部にある食欲を調節するペプチドである『オレキシン』の受容体の欠損が原因であることがわかっています。現在では、適切な治療によって社会復帰も可能です。

 

空腹で寝れないときはどうすればいい?睡眠前に『食べていいもの』『ホットミルク・チョコレート・はちみつ・味噌汁・セロリ』の効果

 

上記の記事にも書いたように、このオレキシンとは覚醒物質です。つまりこういうことですね。

 

STEP.1
夕食を食べない
 
STEP.2
覚醒物質『オレキシン』の分泌が促進される
オレキシンは食欲を左右すると同時に、覚醒にも強い影響を与える。
STEP.3
食欲が増大するうえに、覚醒して眠れなくなる
 

 

夕食を食べないと覚醒物質『オレキシン』の分泌が促進され、食欲が増大するうえに眠れなくなるということについて書きました。ただ、マウスで実験をしたところ、

 

STEP.1
マウスのオレキシン神経細胞を除去する
STEP.2
ナルコレプシーと同じ症状が出る
 

 

このような実験結果が出て、オレキシンとナルコレプシーには密接な関係があると言われています。食欲を調節する神経伝達物質のオレキシンというのは人間の睡眠と覚醒に大きく関係している物質なのです。このオレキシンの受容体が欠損しているということで、睡眠を上手にコントロールできず、ナルコレプシーの症状が出てしまうということになります。

 

『不眠症の科学』にはこうあります。

ナルコレプシーの患者さんの約9割で、脳脊髄液中のたんぱく質『オレキシンA』の濃度が低いことが知られています。

 

厳密に言うと、健常者と比べてナルコレプシーの患者は、『オレキシンAというたんぱく質の濃度が低い』ということになります。これによって、オレキシン神経の働きが阻害され、睡眠発作や脱力発作を起こすのではないかと考えられているわけですね。

 

1 2 3