『ヒト』を最適化しよう。

よく眠れない!これって不眠症?あらゆる専門書をまとめてセルフチェックしてみよう!

快眠を得るためのポイント

また、『なぜあなたの疲れはとれないのか』には、睡眠編として以下のようなタイトルで記事を書いています。

 

  1. 睡眠の時間が『長い人、短い人』疲れが取れるのはどっち?
  2. 『仰向け寝、横向き寝』疲れが取れるのはどっち?
  3. 『一人で寝る、誰かと寝る』いい睡眠ができるのはどっち?
  4. 冷暖房を使うなら『一晩中つける、タイマー出来る』どっち?
  5. 寝室のカーテンなら『遮光カーテン、普通のカーテン』どっち?
  6. 寝る前に『水を飲む人、飲まない人』深く眠れるのはどっち?

 

答えは、

 

  1. 時間ではなく質で決まるので、どちらとも言えない
  2. どちらでもいいが、いびきをかく人は横向き寝がいい
  3. 二人の好みは微妙に違うため、一人がいい
  4. エアコンは一晩中つける方がいい
  5. 遮光カーテンの方がいい
  6. コップ1杯の水を飲んだ方がいい

 

です。一つ一つ見ていきましょう。

 

時間ではなく質で決まるので、どちらとも言えない

これに関しては、人に必要な睡眠時間はそれぞれで違うので、何とも言えないところです。先ほども30分以上の仮眠はNGだとありましたし、また、睡眠時間が10時間とか、長すぎると病気にかかるリスクもあるというデータもあります。ただ、アインシュタインはそれくらい寝ていましたし、エジソン等はショートスリーパーでしたからね。そのあたりについては下記の記事に詳細を書きましたので、併せてご確認ください。

 

短・長時間睡眠が体に与える影響は?人の理想の睡眠時間とは

 

どちらでもいいが、いびきをかく人は横向き寝がいい

これに関しても詳細は下記の記事に書きましたが、ここで問われている『いびき、睡眠時無呼吸症候群』という症状がある場合は、それ自体がすでに不眠の原因となります。そのせいで睡眠は浅くなり、最悪のケースでは呼吸ができなくて死に至りますからね。そしてここで推奨されていない『うつ伏せ』で寝ていた場合、不眠の症状を感じることになります。

 

人間のベストな寝姿勢はどれ?『横向き、仰向け、うつ伏せ』 睡眠中のいびきや無呼吸は危険?原因と対策は

 

『一人で寝る、誰かと寝る』いい睡眠ができるのはどっち?

例えば男女であれば、寒さ、暑さへのそれぞれの耐性や、実感も違います。部屋の空気、湿度、温度、色、寝具、それらすべての環境が自分好みのものでない場合は、『我慢』して睡眠していることになります。また、下記の記事に書きましたが、男性の場合は特に二人で寝ることは苦痛です。女性は守ってもらって安心できるのですが、男性は『守る側』のため、寝ていてもどこかで気を張っていなければならず、よく眠れないのです。もし自分がこの状況に該当する場合、不眠の原因はここにあるかもしれません。

 

人は一人と二人、どちらが良質な睡眠を得られるのか?

 

エアコンは一晩中つける方がいい

これですが、疲労専門家はこう言いますが、私のようにハウスダストアレルギーがある場合は違います。エアコンをつけるとホコリが舞って、くしゃみが止まりませんからね。睡眠どころではなくなります。これに関してはケースバイケースでしょう。しかし、睡眠に快適な室温というものがありますから、もしかしたらこのあたりに不眠の原因があるかもしれません。

 

寝具を最適化して頭痛・腰痛・肩こり・寝違えを予防!寝床内環境と室温も同時に最適化しよう! 睡眠の質を落とすダニ・花粉対策!布団のベストな掃除方法とは

 

遮光カーテンの方がいい

太陽光を浴びると、セロトニンが出ると言いました。セロトニンが分泌されると、メロトニンが抑制されます。シーソーのようになっているわけですね。ですから、太陽の光を浴びてしまうと起きてしまうので、寝るときは暗い方がいいのです。睡眠モードになるからですね。遮光カーテンの場合でも、太陽光というものはわずかに部屋に入るものです。朝起きるときは、いきなりのぴかーっという太陽光で起きるよりは、ジワジワと起きる方がいいのです。ですから、もしカーテンが遮光カーテンじゃない場合、そのせいで4時等の明け方から太陽光を浴びだし、起床モードに入ってしまって、眠りが浅くなってしまっているかもしれません。

 

寝室の『灯り』や『色』を最適化し、良質な睡眠を得よう!(インテリア、カーテン、アイマスク) ブルーライト(テレビ・スマホ・PC)は睡眠に悪影響で、脳腫瘍やガンのリスクも上げる?有効な対策とは

 

コップ1杯の水を飲んだ方がいい

 

 

『夜中にトイレに行く回数が多くて、そのせいで眠りが浅い』と思っている人がいたとしても、必ずしもその通りだとは言いきれないといいます。つまり、たしかに下記の記事に書いたように、アルコールやカフェインの利尿作用によって起きてしまう場合はそうだと言えますが、もしかしたら、

 

STEP.1
水を飲まずに寝た
 
STEP.2
脱水症状になった
 
STEP.3
自律神経が乱れた
 
STEP.4
睡眠の質が低下し、起きてしまった
そのタイミングでトイレに行った。

 

という状態になってしまっているかもしれません。夜寝る前にコップ一杯の水を飲むことは、血流を良くさせ、脱水症状を予防し、自律神経を整えます。ですから、寝る前にはコップ一杯ほどの水分を摂った方がいいんですね。

 

夜中にトイレで起きる原因は?睡眠前に『飲んではいけないもの』『アルコール・カフェイン・お茶・寝酒(ナイトキャップ)』

 

先生

快眠ポイントはたくさんあるからね!
たしかに!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. 快眠を得るためのポイントを確認する。
1 2 3 4 5