『ヒト』を最適化しよう。

睡眠中のいびきや無呼吸は危険?原因と対策は

いびきを引き起こす原因

では、いびきを引き起こす原因は一体何なのでしょうか。先ほどの本では、以下の6つを挙げています。

 

  1. 心身の疲れやストレスによる場合
  2. お酒や睡眠薬を飲んだ場合
  3. 呼吸筋の老化による場合
  4. 肥満による場合
  5. 鼻腔や口腔、咽頭に異常がある場合
  6. その他の原因で慢性的に起きる場合

 

一時的ないびき

1.心身の疲れやストレスによる場合

軟口蓋や舌が後方へ沈下し、呼吸筋が弛緩して、緊張を失って緩み切るために発生するもので、最も一般的なケース。心身の疲れを回復するために口で呼吸をして酸素をたくさん取り込もうとするのでいびきをかく。

 

 

2.お酒や睡眠薬を飲んだ場合

アルコールにより筋肉の緊張が低下し、気道が狭くなる。それによって無意識により多くの酸素を取り込もうとし、口呼吸になる。

 

3.呼吸筋の老化による場合

同じく、老化によって呼吸筋が緩み、気道が狭くなっていびきをかく。

 

慢性的ないびき

4.肥満による場合

肥満によって軟口蓋や咽頭壁に余分な脂肪がつき、咽頭の奥が肥大し、気道がふさがれていびきをかく。

 

 

5.鼻腔や口腔、咽頭に異常がある場合

扁桃肥大、小顎症、鼻中隔湾曲症等の問題があったりして、これらに何らかの問題がある場合、いびきをかく。

 

6.その他の原因で慢性的に起きる場合

ここに該当しない何らかの理由で気道が狭くなれば、いびきをかく。

 

やはりポイントは『気道が狭くなる』ということですから、鼻づまり一つあるだけでいびきはかきやすくなります。私はハウスダストアレルギーですから、ホコリ等のアレルゲンがひどいときは、目が充血し、鼻水とくしゃみが止まらなくなります。寝る前にそうなる状態が一番ひどくて、実はこれを書いている今もちょうどむずむずしているのですが、昨晩などはそのせいでゴミ箱の周りはティッシュだらけになっていましたね。もうゴミ箱に入れるのも面倒で、鼻をかんでは捨て、かんでは捨てを繰り返し、何とか眠りに入りました。

 

だから鮮明に覚えているのですが、鼻が詰まっているせいで鼻で呼吸をすることができず、口呼吸になってしまっていましたね。しかし私は口呼吸の弊害を色々と知っていたので、何とか鼻で呼吸をしようと意識しました。狭い気道で無理やり吸おうとしますから、『ズズズズー』と音を立てるのですが、私の場合、のどが弱いので(それでタバコをやめたくらい)、口呼吸になると更に違う問題が起きるとわかっていますから、何とか鼻で息が吸えるようになるまで整えて、自然と眠りました。

 

『「死」をまねく睡眠時無呼吸症候群』にはこうあります。

しかし、鼻腔に何らかの障害が起きてくると口を併用して呼吸をおこなうようになり、いびきをかきやすくなるわけです。(中略)咽頭の構造的な異常の場合も同じ。空気の気道がさまたげられるので、口で呼吸を行ってたくさんの酸素を取り込もうとするために、通過する空気の摩擦音や、粘膜の振動で音が大きくなります。

 

私もあのまま状況を最適化せず、あるいは『喉が弱くない』というポテンシャルがあれば、無視してそのまま寝て、いびきをかいていたでしょう。またこれまでの人生でも、私はたまたま『喉が弱い』というポテンシャルがあったからこそ、いびきをかく前に鼻の状態を最適化し、鼻呼吸をしようと意識してきたからこそ、いびきをかくような人にならなかったのかもしれません。

 

先生

まずはいびきを不自然な状態だと認識することが大切だね!
たしかに!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. いびきを引き起こす原因を確認する。
1 2 3 4