『ヒト』を最適化しよう。

睡眠中のいびきや無呼吸は危険?原因と対策は

いびきをかく人の7割が無呼吸症候群

寝ているときに『いびき』をかいたり、『無呼吸症候群』で悩まされている人は、その状況を改善できないか検討してみましょう。

 

いびきで死ぬこともある?

 

 

まず、それらの状況にある人はその状態が『死さえも考えられるまずい状況』だと認識することが大事です。事実、『「死」をまねく睡眠時無呼吸症候群』にはこうあります。

いびきは酸素不足を引き起こす

いびきをかいている人は一歩一歩死に近づいているのです。(中略)いびきをよくかいている人は一見気持ちよさそうに、無心で眠っているように傍目には見えます。でも、実はその睡眠は決して深くはないのです。昔のことわざに『鼾(いびき)をかく者は夜聡し』というのがあります。これは、いびきをかいている者は敏感に目を覚ますという意味。いびきをかいて寝ている睡眠は浅い睡眠なのです。そしてこれが最も重要な問題なのですが、いびきをかく人のうち、なんと70%の人が睡眠中に『呼吸停止』を引き起こしているのです。

 

いびきをかいて寝ている人を見ると、確かに『細かいことは気にしない、豪快な人』のようにも見えます。しかし、実は彼らの睡眠はとても浅く、そして70%の人が『呼吸停止』を引き起こしています。これがいわゆる『睡眠時無呼吸症候群』です。つまり、いびきをかく人の7割が無呼吸症候群なのです。睡眠時無呼吸症候群になると文字通り、酸素が体内に取り込まれません。そうなるとどうなるかというと、死にます。人が酸素を吸って、それに依存して生きているということは既知の通りですね。

 

 

慢性的な睡眠不足に陥る

いびきをかき、睡眠時無呼吸症候群で悩まされる人は、常に浅い眠りをしています。したがって、常に『慢性的な睡眠不足』を抱えていて、睡眠の関する何らかの問題を抱えているはずです。例えばこの本では、

 

  • 電車で不覚にも眠り込んでしまい、駅をいくつも乗り過ごしてしまうことがある
  • 車の運転中に居眠りをして、危うく事故を起こしそうになった
  • 会社の昼休みに公園のベンチでグーグー寝てしまうことがある
  • お酒を飲むとすぐに大いびきをかいて寝てしまう
  • 仕事をやりながら生あくびが出て、眠くて眠くて仕方がない
  • たくさん寝ているはずなのに頭が重く、体が休まらない

 

等の問題が起こり得ると警鐘を鳴らしています。たしかに、私の周りにもいびきをかく人がいますが、特に印象深い2人を思い出すと、両方とも『遅刻』問題で大きな迷惑をかけている事例を持っています。

 

一人は私の部下で、そういびきは大きくないのですが、常に遅刻をします。これに関しては入社して10年以上経っても、その間にどんなに制裁があってもし続けますから異常です。ただ、この彼の場合は他にも問題があるので参考になるのはもう一人の例です。もう一人の彼は、とても大きないびきをかきます。仲間と十数人で温泉等に行くことが多かったのでよく覚えていますが、彼だけいびきがうるさいので、部屋を別にするか、押し入れで寝てもらうということを本気で検討したほどです。

 

彼の場合は『遅刻』問題で常に周りに迷惑をかけていましたね。20代のときに勤めていた会社では、あまりにも遅刻が多すぎてついに社長を含めた全員が、彼を『無視』するようになり、それまでいつも怒られていたせいか、そのせいで急に焦りだし、遅刻をしないようになったと言いますが、その後人生が先に進んでも、少し油断をしたら同じようなことをよくしていました。

 

例えば彼は寝るときは12時間くらい寝ていたのですが、それで約束の時間になっても来ない時がありました。他の友人でそういうことをする人は一人もいないので、そういうことが起こるのも彼独特のものでしたね。したがって、たしかにいびきをかく人は睡眠に関して何らかの問題を抱えていると言えます。

 

彼が長く寝るのも、二度寝などをしてしまって遅刻をするのも、『慢性的な睡眠不足』に陥っているからと考えればつじつまが合います。睡眠の質が低く、常にそれを補わなければならない状態にあるからこそ、いざという睡眠のときに、『睡眠の量』でそれを補おうとしてしまい、生活リズムに狂いが出るのかもしれません。

 

 

いびきのメカニズム

ではそもそも、なぜいびきをかいてしまうのでしょうか。『「死」をまねく睡眠時無呼吸症候群』にはこうあります。

知っておきたい、いびきのメカニズム

(省略)私たちが寝ているとき、息を吸って吐くという呼吸の際に、空気の通り道(気道)が何らかの理由によって狭くなったり閉鎖されてしまったとします。すると、空気は通り道をふさがれてしまうので、鼻や咽頭(一般的にのどと言われる部分)の奥を押し開きながら、つまり粘膜を摩擦しながら通過することになります。そうなれば当然、耳障りな摩擦音が起きてきます。また、空気の通り道を囲む組織や軌道内の分泌物も振動し、やはり耳障りな振動音が起きてきます。こうした摩擦音や振動音が、いびきの正体なのです。

 

つまりこういうことです。

 

STEP.1
息を吸って吐くという呼吸に必要な空気の通り道(気道)がある
 
STEP.2
何らかの理由でそれが狭くなったり閉鎖される
空気は通り道をふさがれてしまう。
STEP.3
鼻やのどの奥を押し開きながら、つまり粘膜を摩擦しながら通過する
 
STEP.4
その摩擦音や、組織や軌道内の分泌物の振動音が出る
それが『いびき』の正体。

 

つまり、呼吸に必要な空気の通り道(気道)が、何らかの理由で狭くなったり閉鎖されているわけですね。それが原因で摩擦音、振動音が出てしまい、いびきとなるわけです。そしていびきは通常、空気を吸い込むときに『グガガガー』とかいて、息を吐くときには音が出ないのですが、悪化した状態になると吐いたときにも音を出しますので、周囲の人が聞くと非常に厄介なものになってしまいます。

 

ただ、実は人間は寝ている間は『誰もが気道が細くなる』のです。ですから実は聞こえないだけでいびきというものは誰もがかいているのです。しかし、『騒音となるほどのいびき』をかく人と、『ほぼ無音のいびき』をかく人とでは全然状況が違いますからね。無呼吸症候群になる、ならないというのもその『気道の狭さ』などで影響してきます。

 

『ほぼ無音のいびき』をかく人は気道がそこまで狭くなっていませんから、摩擦音もほぼしないわけです。ということは呼吸困難に陥らず、当然、無呼吸症候群にもなりません。したがって、『寝るたびに死に近づく』という表現は相応しくないですからね。やはり改善を考えなければならないのは『音を出していびきをかく人』でしょう。騒音と言わないまでも、いびきをかいている人は誰もが一度自分の状態を見直す必要があります。

 

先生

いびきと無呼吸症候群は密接な関係があるわけだね!
たしかに!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. いびきをかく人のうち、70%の人が睡眠中に『呼吸停止』を引き起こしている。これがいわゆる『睡眠時無呼吸症候群』。
  2. いびきをかき、睡眠時無呼吸症候群で悩まされる人は、慢性的な睡眠不足に陥る。
1 2 3 4